ホームa-未登録PDF2Keynote でえいやっと PDF をプレゼンファイルに
a-未登録

PDF2Keynote でえいやっと PDF をプレゼンファイルに



仕事柄、論文から抜き出した図をスライドにして見せることがよくあるのですが、なにが面倒かというと、一枚一枚の図ファイルをプレゼンに並べてゆくところです。

読み込ませるのが単にたくさんのファイルなら、すべてをドラッグ&ドロップすればよいのですが、ページ数が多い PDF ファイルだと、まず全ページがスライドになっている方が作業的には楽だったりします。

この部分を自動でやってくれるのがTUAW で紹介されていたPDF2Keynote という Mac 用のアプリです。

このアプリに PDF を読み込ませれば、ページを一枚ずつスライドにして出力することが可能です。私の場合、図のファイルを束にして与えればよいわけです。こういう用途って、案外ありそうですね。

PDF2Keynote に「Evernote ハンドブック」を読み込ませて起動したところです。

Pdf2keynote1

スライドの背景色は変えることができますが、あとはページが一枚の画像要素として作成されます。また、ページの向きも変えることが可能です。

Pdf2keynote2

出力形式は各種 Keynote に対応しているほかに、OmniGraffle 形式にも対応しています。

ちまちまと手作業でやっていたことをざっくりと自動でできるアプリは使う頻度が低くても用意しておくと意外な瞬間に使えてうれしいものですね。


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。