a-未登録

写真のような記憶力が欲しい? Evernote + Eye-Fi でデジカメ記憶術はいかが?



evernote-eyefi.gif

世の中には「写真のような記憶」をもっている人がいます。目にした本のページなどを瞬時に「画像」として記憶して、あとで思い出すことが出来るという人です。

「こんな記憶があればきっと便利だろうなあ」と思いますが、よくよく考えてみると、1) 記憶した画像をちゃんと情報として好きなときに引き出し、2) その内容をその場その場にあわせて利用できるところまでできて、はじめて記憶術としては完成するわけで、単に覚えればいいという話でもありません。しかし Evernote に写真で記憶をためていくという戦略をとれば、こうした「写真のような記憶」を簡単に実現できます

すでに Evernote と iPhone を使えば、とった写真を次々と Evernote にアップロードして永続的な記憶にすることが可能ですが、iPhone ユーザー以外のために、Eye-Fi という選択肢が加わりました。

Eye-Fiは Wi-Fi 機能がついた SD カードで、デジカメで撮影した写真をケーブルをつかわなくてもパソコン上にアップロードしてくれるようになります。

今年の始めに AMN ブロガー勉強会でみたいもん!のいしたにさんが、まだ日本で発売になっていなかった Eye-Fi を実演してくださったときに、あまりに便利そうなので衝撃を受けたのを覚えていますが、ついに正式に日本でも購入できるようになりました。

そしてこのタイミングで Evernote 対応が決まったのは嬉しすぎます。これまで iPhone でやっていたこともこれに近いのですが、レストランのメニューを上手に撮影したり、ワインのラベルを撮影したりといった、ピントが合ってくれることが必要な写真については iPhone 以外の選択肢も時々ほしくなるからです。

Evernote の英字 OCR 機能をうまく活用すれば、

  • 撮影した写真から英文字のレストラン名・建物名などを検索できるようになる。
  • 撮影した名刺からメールアドレスを自動で抽出できるようになる
  • 会議のホワイトボードを撮影してすぐに Evernote に格納できる
  • レシートが出てくるたびに撮影して、一カ所にデータを集めることができる。

といったことが、「ケーブルつないで」「シンクさせて」といった手間を考えずに自動で出来るようになります。

また、Evernote の高度な検索機能を考えれば、一度とった写真に多少のメタデータを付け加えておけば、「あのとき写真で撮影したレストランのメニュー、どこだっけ?」といった記憶を瞬時によみがえらせることができます。

この Evernote + Eye-Fi の使い方を説明したちょっとユーモアの混じったビデオも公開されていましたので、ご覧になってみてください。


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

新刊案内

ライフハック大全

管理人: 堀 E. 正岳(めほり)

mehori

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。

2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote コミュニティリーダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモClimate+を運営しています。気候学者、理学博士、英語ネイティブ。

運営メディア・メルマガ

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事