人生を変える小さな習慣
macOSの32ビットアプリ対応がそろそろ終わるので、あのアプリが使えなくなる

macOSの32ビットアプリ対応がそろそろ終わるので、あのアプリが使えなくなる

Summary:

High Sierraの次のmacOSでは32bitアプリはもう使えなくなる

32bitアプリはそろそろ終わりです。去年はiOS 11の登場で32ビットのアプリが使えなくなりましたが、今度はmacOSです。

Ars Technicaによれば、macOS 10.13.4を利用している人には、32ビットアプリを立ち上げた際に一度だけ、そのアプリが「Macに最適化していない」というメッセージが表示されるようになったそうです。

もう32ビットのアプリはないだろうかと思っていたら、一つだけいまもけっこうな頻度で利用していたものがありました。Evernoteに買収され、開発が止まってしまったスクリーンショット編集アプリ Skitchです。

Skitchの昨日はさまざまな他のアプリで代替可能なので問題はそれほど大きくないのですが、やはり手数が多くなってしまうのでSkitchを使いたい瞬間は多いんですよね。

EvernoteのSkitchチームがまだいるなら、旧バージョンも含めて64bit化したものをダウンロード可能にしてくれると嬉しいのですが…。

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳