人生を変える小さな習慣
新しいGmailはメール転送や印刷を制限するモードも。カレンダーもToDoも統一した環境へ

新しいGmailはメール転送や印刷を制限するモードも。カレンダーもToDoも統一した環境へ

Summary:

スクープに対して、5月のリリースにむけて開発中とGoogleが認めたとの報道

Vergeがスクープを報じ、Googleが認めたニュースによれば、5月あたりをめどにGmailの新しいデザインが現在開発中とのことです。

新しいデザインだけではなく、特定のメールを秘匿扱いにするためにメールの転送や印刷などを制限する「コンフィデンシャル・モード」も実装されると報じられています。

skitched-20180414-120151

また正式な発表がされていないので、Vergeがスクープした画像をスクリーンショットで紹介すると、ボタンがわかりやすくなり、カレンダーが統合され、より仕事の統合環境としての性格を強めているようにみえます。

ToDoもここに加わるという情報もありますので、こことGoogle Documentsを開いていれば仕事が全部回るようになっているといっていいでしょう。

これは、最近アメリカの教育現場では過半数のシェアをもっているChromebook上のChromeOSでの利用をつよく意識しているとみてよさそうです。

skitched-20180414-120623.jpg

また、特性のメールの秘匿を目的に転送や印刷を制限することができる「コンフィデンシャル・モード」も用意されているそうです。こちらはどのように実装されているのでしょうか?Gmail同士でなければそうした機能は可能ではない気もするのですがどうでしょう。

これは印象論にすぎませんが、単にウェブ上で「メールを扱うことができる」というメーラーとしてのGmailから、メールも含む仕事上の情報の統合環境へのステップを踏み出しているようにもみえます。

Google Inboxにあったメールの遅延送信機能もあるそうですが、Inbox はGmailの機能の早期テストの場としてこれからも維持されてゆく模様です。まずは5月頃といわれているリリースを期待しつつ待ちたいと思います。

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳