ホームテクノロジーmacOSで将来使えなくなる32ビットアプリの一覧を表示する方法
テクノロジー

macOSで将来使えなくなる32ビットアプリの一覧を表示する方法

「システム情報」のアプリケーションタブを選択する


macOSで32bitアプリが使えるのはHigh Sierraが最後で、次のアップグレードでは64bitアプリのみになるというのは前々から報じられていた通りです。

そして先日Skitchが使えなくなるという記事を書いたところでしたが、ほかにもどのようなアプリがあるのか簡単に調べる方法がiMoreの記事で紹介されていました。

まず、「アプリケーション」内の「システム情報」を立ち上げます。そして、左側のタブのなかで「ソフトウェア → アプリケーション」という項目がありますので、こちらを選択します。

skitched-20180416-001734

すると、インストールされているアプリケーションの一覧が表示されますが、この左から5番目の列が 64bit 化されているかどうかを「はい」「いいえ」で表示しているので、ここを見ればいいわけです。

skitched-20180416-002550.jpg

みたところ、Logicoolのデバイス関連のソフトウェアが軒並み32bitのままですし、ScanSnap Manager を含むかなりの数のアプリが 32bit です。こちらアップデートまだだった気がしますので、念のため聞いておきますか…。

他に、Adobe Application Manager のようなものもあります。まだ時間はありますが、依存しているアプリがあるようなら、どこか頭の片隅にいれておいたほうがいいでしょう。

タグ

著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。