ホームa-未登録指が喜ぶiPad専用のコンテンツプラットフォーム、davinci note
a-未登録

指が喜ぶiPad専用のコンテンツプラットフォーム、davinci note



Davinci

話題になっていたので触ってみたら近年まれにみる驚きが。iPadでコンテンツをつくるというのは、あるいはこういうことだったのかもしれません(話題提供してくださった@kwmr さんありがとうございます!)。

davinci noteはブログに近い、写真とテキストからなるウェブページを手軽に作成できるプラットフォームです。編集には専用のiPad のアプリを使います。iPadのみ? と思われるかもしれませんがこの制限が見事にメリットになっているのです。

編集していて指が喜ぶ

まずは davinci noteで作成したページの例を御覧ください。写真とテキストから構成された、シンプルですが美しいウェブページになっていますが、このすべてがiPad上でものの数分で作成できます。

編集には専用の iPad アプリ “davinci note” を使います。

Davinci1

往年の iWeb のようなものを思い出させますが、できることが「タイトル編集」「テキスト編集」「画像の挿入」「画像レイアウト変更」と限られていますので操作も数分で覚えることができます。

Davinci2

ページのスタイルも数多く提供されていて、好みのものをページごとに選ぶことができます。

Davinci3

「カスタム」を押せばフォントサイズや写真の設定など、気の利いた見た目の変更に対応できます。今のところ、フォントの変更はページのスタイルレベルで行うようです。

Davinci4

写真の編集も、画像をタップしてその場で出来ます。この秀逸さについては後述します。

Davinci5

写真のレイアウトもプリセットから選択し、どの写真がどの位置に来るかは長押し、ドラッグで行います。

IMG 0034

最終的に、ウェブにアップロードする場合には共有ボタンから行いますが、べつにアップロードせずに手元のメモとして残しておくのでも大丈夫です。

Davinci7

カテゴリは複数作れますので、公開用、メモ用、下書き用など、いろいろ作ってもいいでしょう。ページはアプリを操作するのと同じように長押しで操作します。

全体を通して、iOSの使い方を知っているひとなら何も説明されなくても感覚的に編集することが可能で、余計なことを考えずに編集だけを楽しめるところが実にいいです。

これならば、パソコンに慣れていない人でも、子供でもすぐに使えることでしょう。

完成されたページにはコメント欄、ソーシャルボタンもありますので、立派にブログとして独り立ちできます。ただ、現時点でコメントを不可にしたりといった設定はできないもようです。

コンテンツ作りに集中できる

このアプリ+サービスの秀逸なのは、アプリのなかですべての編集が完結してしまう点です。

iPadでブログを書こうと思った場合、写真をどのようにアップロードするのか、画像サイズはどのように編集するのか、画像リンクの取得はどうするのかといった、なれない人には高すぎるハードルを超える必要があります。

davinci noteの場合、iPad内に写真がありさえすればすぐにその場でウェブページが作れます。そして写真はフォトストリームでiPhoneやデジカメなどから流しこむことができますので、写真の転送などといった面倒なこともバイパスできます。

たとえば家族旅行でカメラ係のお父さんが撮影をして、共有フォトストリームにアップロードすれば、あとは帰り道に子供がブログ日記を更新しているという光景すら思い浮かびます。それほど簡単で、コンテンツ作りに集中できるのです。

Driftwriter

ここで思い浮かべるのが、iPad上でブログ編集に利用している Drift Writer。

Drift Writerは、WYSIWYG的な編集ではなく、ちゃんとHTMLを書かないと気になるというタイプの書き手のために、FlickrやYouTubeやAmazonアソシエイトのリンクを左からすいっとドロップしたり、HTMLスニペットをタップ一つで追加できるインターフェースをもったアプリです。

最終的にできあがるのはブログにそのまま流し込める HTML ですが、途中の操作系は davinci note と思想がよく似ているのです。

ユーザーが一番おこないたい操作に集中して、それをタップ一つで呼び出せるようにする。難しいことを可能に、というわけです。

iPadはコンテンツの消費には向いているものの、コンテンツを作成してウェブにアップするためのハードルは高いといわれてきましたが、davinci noteのような編集環境とブログプラットフォームが一体化したサービスもありなのかもしれません。欧米ですと、SquareSpaceのようなサービスが思い当たりますね。

まだ実装されていませんが、davinci noteのコンテンツをリッチテキストのような形でエキスポートができれば、ログの保管所として安心して自分の写真やテキストを委ねることができる気がします。

でもまずは触ってみてください。指が喜ぶ感覚にきっと驚くと思いますよ!

davinci note App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

Drift Writer HTML Editor App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥600


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

新刊案内

ライフハック大全

管理人: 堀 E. 正岳(めほり)

mehori

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。

2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote コミュニティリーダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモClimate+を運営しています。気候学者、理学博士、英語ネイティブ。

運営メディア・メルマガ

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事