ホームa-未登録ランディ・パウシュ教授死去。力強い言葉を、未来へ
a-未登録

ランディ・パウシュ教授死去。力強い言葉を、未来へ



カーネギーメロン大学の研究者であり、「最後の授業」で全世界に大きな感動を与えてくれたランディ・パウシュ教授が世を去られました。

この数週間、彼のホームページの病状のページがアップデートされていないので心配していたのですが、ニュースを聞いた時にはやはり衝撃でした。早い、早すぎる…。

しかしまったく会ったこともない人にこれだけの贈り物を残して去ってゆく人もめずらしいことです。「この地上に一つでいいから贈り物を残して去ること」こんな一行をミッション・ステートメントにもっている私には、実にうらやましくもあります。なんてすごい人なんだろう!

世界中で有名になった「最後の授業」と「時間管理」の二つの講演をまだ目にされていない人は、ぜひこの力強い言葉に触れていただければと思います。

このニュースを受け取って以来、適切ではないのかもしれませんが私はトマス・ピンチョンの「重力の虹」の冒頭に引用されたロケット科学者フォン・ブラウン博士の言葉を思い出していました。

自然は滅亡を知らない。ただ、変容があるだけだ。科学が私に教えてくれたことの全ては、死の先の継続を私に信じさせてくれるばかりだ。 (ワーナー・フォン・ブラウン)

私も一人の科学者としてそれを信じ始めています。少なくとも、彼の言葉を私は受け取りました。私たち皆が受け取りました。そしてその言葉は次の言葉になって生き続けるのです。さあ、学んだことを実践して、次に伝えなければ!

末筆になりましたが、教授のご冥福と、ご家族の平安を、心よりお祈りいたします。


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

2 Comments

Click here to post a comment