人生を変える小さな習慣
Fantastical 2が新MacBook ProのTouch Barに対応していて「そう来たか!」しかもセールも

Fantastical 2が新MacBook ProのTouch Barに対応していて「そう来たか!」しかもセールも

愛用しているカレンダーアプリ、Fantastical 2 は地味に新機能を盛り込んでくるのですが、先日このようなツイートが開発元から飛んでいて、気になっていました。

新MacBook Proの目玉機能、Touch Barは純正アプリについてはすでに対応が進んでいますが、サードパーティーがどのように利用するかに注目が集まっていました。なので、デザインに定評のあるFlexibitsがどのように実装するのかには興味があります。…でも、スクリーンショットがないぞ!

と思っていたところ、村上琢太さんから、Facebookでこのようなメンションが飛んできて、Touch Bar対応のヒントが見えました。ちゃんと日本語化もされているじゃないですか。

画像使わせていただきありがとうございます。みたところ、月ビューなので、1月から12月へのショートカット、自分のカレンダーへのショートカットが出ているようですね。

ということは、ウィークリービューならここを左右にタッチすることで前後の週に移動するなどといったことができるのだと想像できます。

Touch Barが重要なのは、Microsoft Surface のように画面全体をタッチパネルにすることなく、画面上の重要な機能を小さなタッチパネルにすることで、触って操作できる扉を開くという点です。

そういう意味では、カレンダーアプリなどは直感的で実装しやすい例なのではないかと思います。カレンダーをめくる、前後にスライドするといったアナロジーがそのまま通用しますからね。

というところで Fantastical からはセール情報も

そのように注目していたところ、FantasticalからはmacOS版、iPhone版、iPad版すべてにおいてセールもしているようです。おそらく短期間だと思われますので、お早めに!

特にふだん6000円のmacOS版が4800円になっているのはお得だと思いますのでこの機会に試してみてはいかがでしょう。iPhone版が4割引、iPad版が5割引というのも、まだそろえていなかったという人にはチャンスかと。

macOS版:

400x400bb-2

iPhone版:

400x400bb-1

iPad版:

400x400bb

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳