ホームa-未登録会議のすべてをまかなう TimeBridge が Evernote と連携
a-未登録

会議のすべてをまかなう TimeBridge が Evernote と連携



en-tb.png

Evernote の話が続きますが、もう一つ 2010 年のトレンドとして挙げられるのが API を利用したサードパーティーとの連携です。

さっそく登場していたのが、会議のスケジューリング、議事録などをまとめるのに利用できるサービス、TimeBridge との連携です。

言葉で説明するよりも、動画の方がてっとり早そうです。

TimeBridge が魅力的なのは、会議の進行を記録して、自動的に議事録にしてゆくという自由度の少ないインターフェースです。「アジェンダ」を登録して、それに対して「アクション」を決定して入力してゆくという体裁が、かえって会議の焦点をぼかさないようにしてくれます。こうしたツールはかえって不自由な方が効果がありますね。

おもしろいのはできあがった議事録を Evernote に送信できるという点です。つまりこの時点からは自由に書き込みをおこなうなどの編集が可能なわけです。共有ノートブックに入れておけば、メンバー間で議事録を自動的に閲覧できるようにすることも可能でしょう。

このように、サービスにもともと存在しない機能を付け加えるために Evernote API を使っているというケースがこれからも生まれるのでしょうか。

日本語版が登場した暁には、日本からも Evernote API を利用したサービスが誕生すればいいですね。


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

4 Comments

Click here to post a comment