2009 年に新しい習慣を始めたいなら、今日がチャンス

Pocket

Ads:

Blog about people’s daily routines | Boing Boing

「習慣よりも強いものはない」 ー オウィディウス「恋の技法」

Daily Routines は不定期に有名人、特に作家が「毎日の習慣にしていること」を紹介するブログです。ざっと見てみるだけで、ベンジャミン・フランクリンイマニュエル・カントアーネスト・ヘミングウェイ村上春樹といった人の毎日の習慣が載っていて、時間が経つのも忘れそうです。

そのなかでも、Boing Boing の記事に紹介されていた「ウサギ」シリーズで有名なジョン・アップダイクの言葉が目を引きました。

講師をしないようにしているし、他の仕事をもたないようにしているので、朝食を食べたら私は昼食までのあいだ机に座っていない理由なんてない。そこで朝の3、4時間そこで仕事をするわけだが、必ずしも美しい言葉で白紙を埋めているわけではない。手紙一通か二通分答えるところからはじめるんだ。(中略)常に一定のペースで書いていない限り、何について書いていたのかを忘れてしまうという危険があるのだ。書いているものには常に触れていなければいけないのだろうね。

アップダイクだけでなく、ヘミングウェイも、村上春樹も、スティーフン・キングも、多くの作家が早起きをしており、早起きでなくても「毎日決まった時間を創作にコミットしている」という習慣があるのは非常に参考になります。たとえば「毎日素晴らしい小説を書く」のは不可能にしても「毎日3000字を埋める」という風に、物理的なハードルにした方が、量から質が生まれてくれます。

ところで新しい習慣を始める際には、「静止摩擦」から脱出しなければいけない分だけ、最初の3週間が最も苦しいということをロビン・シャーマを始め多くの人が指摘していますが、今日12 月 11 日はちょうど 2009 年の元旦から3週間前です。

なにか来年に新しい行動にコミットしようと考えているのなら、まず今日から始めるのが一つのチャンスです。この3週間で新しい習慣を発射台の上に据え付けて、新年とともに打ち上げるのです。

Daily Routines にはカテゴリ別に映画監督、作家、芸術家、早起きの人、夜型の人の毎日の習慣がまとめられています。来年にむけ、こうした人々の習慣を参考にしてみてください。

自分? 私はまず、いつのまにか導入してしまったつまらない悪習慣を断ち切ってダイエットするところから始めようかと思っています。この取り組みについてはまた後日。

Ads: