人生を変える小さな習慣
PDFPen for iPadで、出先のPDF編集

PDFPen for iPadで、出先のPDF編集

Pdfpenipad

私の事務作業の現場で、PDFPenは一種の秘密兵器になっています。

お役所関係に多い、奇妙きわまりないExcelの様式などを埋める際に、それをPDFに変換してから直接編集する方がすばやく作業が完了することがあります。こうしたときにさりげなく後ろで登場しているのは Acrobat ではなく、PDFPenなのです。

その PDFPen にiPad 版が登場して、まだ日本語周りが不十分などの制限はあるのですが、どんな近道が生まれるのかちょっと楽しみです。Ss1

PDFPen for iPad は Dropbox、Evernote、ftp、Google Docs、iTunes、WebDAVなどありとあらゆるソースから PDF を持ってくることができます。また、通常の使い方ではありませんが、PDFPen内部から白紙、罫線、方眼のPDFを作成してそれを編集することもできます(iPad上のPDFオーサリングツール!)。

Ss5

きっと、PDFPen for iPad で一番注目される利用方法がこちら。iPad 上で契約書などのサインをしてそのまま返送、というワークフローです。

たとえば出先にいても、Dropbox に入れてもらった書類にサインをしてメールで送信といったことができるわけです。こうなると、サインそのものや、判子の印影をパスワード保存できると面白いのかも。

Ss4

簡単な編集、たとえばテキストへの打ち消し線や下線、テキスト追加、ハイライトといった作業も可能になります。

ただ、現時点では日本語をテキスト追加すると100%クラッシュしてしまいますので、このバグに対応するまではなかなか日本での使用方法は限られているかもしれません。

PDFPen for iPad は iCloud にも対応していますので、文書をすべての iOS デバイス、あるいはブラウザ越しに Mac とも連携できます。

ただし、OS X 版の PDFPen と連携させたい場合、Mac App Store で購入した人でない場合は、別売りの PDFPen Cloud Access を購入する必要があります。

出先でPDF編集ができるなんて夢のようですが、よく考えると仕事がどこまでも追いかけてくるという、あまり面白くない夢が実現してしまった可能性がありますね。

PDFpen App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥850

PDFpen for Mac App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥5,200

PDFpenPro for Mac App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥8,500

以下は PDFPen を Mac App Store から購入した人には不要です。App Store 以前からの PDFPen のユーザーはこちらを購入することで iCloud 連携が可能になります。

PDFpen Cloud Access App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥85

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳