ホームガジェットScanSnapScanSnapのPFU、イメージスキャナ全世界累計で1000万台を突破!もう、一家に1台ないとおかしいですよね?
ScanSnap

ScanSnapのPFU、イメージスキャナ全世界累計で1000万台を突破!もう、一家に1台ないとおかしいですよね?



ドキュメントスキャナーといえば定番となっているScanSnapを開発しているPFUが、1983年から今年までの累計でイメージスキャナの出荷台数1000万台を突破するという偉業を達成したとのことで、特設ページと、新規購入者向けのキャンペーンが公開されています。

特設ページによれば、この1000万台という数字はScanSnapだけではなく、1983年に発売されたフラットベッドスキャナ「U4301A」を皮切りに、その後発売されたPFUのすべてのスキャナー製品を足し合わせての数字なのだそうです。

しかし、家庭や小規模オフィスにおけるスキャナーで革命を起こしたのは2001年に発売開始したScanSnapといっていいでしょうから、これはScanSnapが牽引した記録といってもいいのではないでしょうか。

対象商品を買うと、Evernoteプレミアム1年分がプレゼントされるキャンペーンも

この記録達成を記念して、記念のキャンペーンも行われています。これからなんとクリスマスまでの間に、対象となっているScanSnap3機種をどれでも購入すれば、Evernoteプレミアム1年分(5200円相当)がついてくるのだそうです。

対象となっているのは、大量の両面スキャンが必要ならばこれ一択という iX500。

富士通 ScanSnap iX500 (A4/両面)
富士通 (2015-02-06)
売り上げランキング: 402

卓上利用のS1300i。

富士通 スキャナー ScanSnap S1300i (A4両面)
富士通 (2015-02-06)
売り上げランキング: 2,484

そして、開いた本も光学補正して読み込むことができるSV600の三機種です。

富士通 スキャナー ScanSnap SV600 (A3/片面)
富士通 (2015-02-06)
売り上げランキング: 3,442

これは大事な点なのですが、今回、モバイル型で人気のiX100は対象となっていませんので、そこだけはお気をつけください。

Amazonであれ、どこであれ、購入した方は利用登録を行ってキャンペーンサイトで応募すれば、対象となります。

もっとも、これはいわゆる罠というやつでして、ScanSnapを使ってどんどんとEvernoteにプレミアム機能でスキャンした結果を入れていけば、それはその使い方から離れられなくなることは必定です。

私はScanSnapアンバサダーの立場ではありますが、笑顔で「罠ですよ!」と申し上げたうえで、まだすべての紙をスキャンして消し去る生活を体験していない人は、ぜひこちらにどうぞとお誘いしたいところです。

かなり一般的になったとはいえ、ScanSnapが一家に1台あって、世界中のよけいな紙を消し去ってくれるなら、いったいどれだけの場所が、手間が省くことができるのでしょう。すくなくとも、一家からダンボール数個ずつほどは消えるでしょうから、世界全体で考えるなら凄まじいことになるはずです。

今回はスキャナー製品の累計で1000万台でしたが、ぜひScanSnapの累計でも1000万台、いやその先まで行ってもらいたいものです。おめでとうございました!


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。