ホームiosアプリiOS 8のExtension機能で6秒動画アプリVineが数倍便利に
iosアプリ

iOS 8のExtension機能で6秒動画アプリVineが数倍便利に

slooProImg_20141030103744.jpg


Twitterの6秒動画を撮影してシェアするVineは、ちょうどよい短さで出来事を発信するのに最適です。6秒、しかもタップするたびにコマを追加することができるのでストップモーションアニメなどの物語を作るのに向いているのです。

しかしVineで一番不便なのが、ちょうどその6秒を撮影していなければいけない点です。よくあるのが、たとえば水族館でイルカがジャンプする瞬間をとらえようとVineで撮影していたらちょうど6秒が終わったところでジャンプ!残念!となってしまうパターンです。

アプリとしてのVineには一度も切り替えることなくということろが、このワークフローの秀逸なところ

VineはiPhoneのカメラで撮影した動画を取り込むこともできるので、まずは動画を撮影しておき、Vineでそれを開けばよいのですが、ワークフローとしてすこしギクシャクしていました。これがiOS 8のExtension機能でさらに便利になっています。

vine-extension1

新しいVine動画を作成するときに、最初からカメラのアプリから始め、動画を撮影します。撮影後に、共有ボタンを使用すると、ここにVineを加える事ができます。最初はVineが見えないと思いますので、「その他」から追加しましょう。

vine-extension2

「その他」をタップすると、Vineを加える事ができますので、ここをオンにしてから戻るとVineのボタンが表示されています。

IMG_3418

ここからVineを開くと、どの6秒かを選択し、正方形の部分をクロップしてから直接共有することができます。アプリとしてのVineには一度も切り替えることなくということろが、このワークフローの秀逸なところです。こうなると、1. 動画を撮影、2. 共有をタップ、3. vineにシェア、4. すぐにカメラに戻るという具合に、カメラから移動することなくどんどんとシェアし続けることができます。

こちらの動画はHyperlapseでタイムラプス撮影をして、それをカメラロールに出してからVineに送信しています。こうした複合技も使えるようになったのがすばらしい。

iOS 8の登場で、どんどんとExtensionに対応しているアプリが増えていますので、ときにはこの「その他」の部分に注目して、これまでできなかったワークフローが実現していないかチェックしておくとよいでしょう。

タグ

著者について

堀 E. 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事