ホームiosアプリ使うだけで安さが加速する!新規登録者人数限定の「楽天でんわ」新プラン [AD]
iosアプリ

使うだけで安さが加速する!新規登録者人数限定の「楽天でんわ」新プラン [AD]

IMG_0151


アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。

「楽天でんわ」については以前にもアジャイルメディア・ネットワークのタイアップレビューの一環で紹介してきましたが、今回新規加入者むけの新しい「3分まで0円」というプランが登場したので、もう一度とりあげてみたいと思います。

私の携帯電話料金に対する態度は一貫して「面倒くさい」でまとめることができます。できれば考えたくない、一番いいプランを教えてもらえたらそれしか使わないので!というものぐささです。

その点「楽天でんわ」は、1) IP電話ではないので通話品質が良く、2) 使っているだけでキャリアの通話プランに対して常に安くなる傾向があるという点が私に合っているというのがこれまでの記事でした。

今回先着5万名(追記:その後10万名まで拡大しています)の新規登録者にむけて提供されるプランはさらにその上をいく内容となっています。

新規5万名限定!3分0円プラン

新プランは、基本料0円、3分までの通話が0円という、非常にわかりやすい内容になっています。3分以上の場合は30秒20円、1分40円の通話料がかかります。

rakuten1

なぜ3分かというと、調査によれば携帯電話の通話の84%は長さが3分以内であるため、ここを狙っているわけですね。3分以上の通話が多少入っても、結果的に得になれば利用したほうがよいわけです。

これが得となるのは、ソフトバンクなら「スマ放題」、ドコモなら「カケホーダイプラン」などといった音声通話定額プランにまだ移行していないユーザーです。これは定額に移行している場合、どれだけかけても通話は金額が2700円などの定額になっていて、「楽天でんわ」を使うほど高くなるのですから当然ですね。

もし通話定額プランにまだ移行していない、あるいは今後IIJみおふぉんなどのMVNOを利用する予定がある人なら、「楽天でんわ」の新プランを利用することで最初の3分は必ず無料になるので、利用するだけで全体を押し下げることが可能になります。

rakuten2

この様子をちょっと計算してみたのがこちらになります。先ほどざっくりと3分未満の通話が84%といっていたのは、頻度分布でみると1分未満が58%、1-3分が25%、3-5分が6%といった具合に、急降下する形をしています(データはTCAテレコムデータブック2013より)。

いまどきの1日あたりの平均通話回数は1.2回だというのがすでに知られていますので、月に直すと36回です。頻度分布に当てはめると、一ヶ月に1分未満の通話は21回くらい、1-3分は9回くらい…といったようになります。

これを素直に既存の料金プランや、MVNOでありがちな30秒20円という通話料にあてはめると3720円になりますが、「楽天でんわ」を使った場合、赤字の部分、一番お金を食っている「1〜3分」つまりは「1回あたり120円程度」の通話までが無料になりますので全体が1800円に抑えられるわけです。それぞれのカテゴリについては上限いっぱい、10分以上の通話は15分として計算しています。

ここで大事なのは意識して今までと通話のしかたを変えなくても得になるという点で、常にとりあえず「楽天でんわ」アプリを使っておけば正解というのが、私みたいなものぐさなユーザーにはとてもありがたいことになっています。何分以下にしなければ、何分以上は損…なんて考えることができませんからね(笑)。

アップデートが頻繁な「楽天でんわ」アプリ

さて、前回の記事から約10ヶ月、我が家ではどのように利用しているかというと、前回紹介した通り:

  1. 同じキャリアの無料通話の番号はしっかりと「楽天でんわ」の「無料通話リスト」に加えておくことで、何も考えなくても無料になるようにしてあります。
  2. 携帯電話への通話は何も考えずに「楽天電話」を使用、着信があったものもそちらから応答することで通話料金を抑制。

つまりは「無料通話リスト」を意識して、あとは「楽天でんわ」を常に使い続けることで、なにも考えなくても得になる状態が続いています。

IP電話ではないので通話が安定していて切れにくいというのも、ふだんあまり通話をしないのでいざ通話をした際に切れたりするとイライラとしてしまう私にはありがたい点です。

また、「楽天でんわ」アプリは現在バージョン2.1.0で、地味にバージョンアップが多いのも信頼して使える利点となっています。まだiPhone 6 Plus には対応していないようですが、拡大した画面でもちゃんと使えます。

rakuten3

なにげに、一番利用することが多いのは、通常の電話アプリにかかってきた着信の番号を長押ししてコピーし、「楽天でんわ」を開いた場合にはコピーされた番号にちゃんと003768を頭につけて一発でかけることができるという機能です。これは3回もやれば慣れてしまいます。

当面は2015年1月まで。今後は既存ユーザーにも開放も?

このように、キャリアの新しい通話定額に移行したくないなあと思っていた人にはぴったりの「楽天でんわ」の新プランですが、現状ではこのプランは2015年の1月10日までの限定提供となっています。

さきほど通話時間についての頻度分布を示しましたが、新しいプランでこの分布がどのように変化するのか、ちゃんとサービス継続ができるのか、そして既存の「楽天でんわ」ユーザーにも開放していけるのかはまだまだテスト段階にあるとみていいでしょう。提供期間終了後は1ヶ月単位での延長か、既存の30秒10円プランへの移行が選択できるそうですが、これも今後変化があるかもしれません。

「楽天でんわ」の担当者に話をうかがったところ、この新プランは新ユーザーを獲得するための一過性のキャンペーンではなく、あくまで「新料金プラン」であること、これから企業努力でちゃんと利益を出しつつ、さらに多くのユーザーにこのプランを提供してゆく新しい挑戦なのだという意気込みが感じられました。

これだけの意気込みをみせられて、当の使う本人が「電話料金について考えたくないー」というのは実に申し訳ないはなしです…。しかし電話のかけかたや時間をほとんど変えることなく、アプリを一つ変えるだけで得になるという使用方法、他にもこうした気持ちでいる人は大勢いるのではないでしょうか。

10万人 5万人の新プランの枠はけっこうな勢いで登録者が増えているそうですので、なにはともあれ、まずは登録をおすすめします!


著者について

堀 E. 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事