ホームテクノロジーEvernoteEvernote ポストイット ノートホルダーで付箋の使い方が変わる
Evernote 文具

Evernote ポストイット ノートホルダーで付箋の使い方が変わる



20140212 IMG 8415

ポストイットは「頭脳のしおり」です。

スケジュールであれ、メモであれ、頭でかかえておくことができる記憶からあふれてしまったものを書き留めておき、どこにでも貼り付けて持ち歩くことができます。

そしてEvernoteアプリには写真を撮影するモードの一つとして、「ポストイット」の項目がありますので、こうして一時的に作ったメモをクラウドのなかに保存することもできます。

この説明だけだと、「ふーん」というくらいの感想しかもてないかもしれませんが、これがちゃんと使ってみると手元の仕事のスピードの底上げをしてくれるくらいに便利なのです。

今回Evernoteジャパンからポストイット用のノートホルダーをレビュー用に使わせていただいて、それを実感することができました。

グリップ感十分のノートホルダー

今回使ったのは、3M社のポストイットノートホルダーの4色版と、1色版の両方です。まずは4色版から。

20140212 IMG 8412

見た目もカラフルですばらしいのですが、ふだんは4色積み上げてあるポストイットがこうしてどこからつかってもいいように平面に並んでいるところがポイントです。この方が、カラーコーディングした使い方がはかどりますね。

20140212 IMG 8416

めくるための指を置く部分も、親指がちょうどよく入りますので最後の数枚まで難なくめくれます。また、少なくなってきたら下に補充すればいいわけですから、今まで使っていなかったのですがホルダーは本当に便利だと実感しました。

20140212 IMG 8413

ところで、4色版の場合、めくる方向は手前と奥で逆になっています。最初に触れるのが親指か人差し指かといったくらいの違いですので、ここは奥のほうが取り出しにくいということはありません。

20140212 IMG 8411

1色版のホルダーはこちら。4色版が17.5cm四方の大きさですので、机が狭い人には少し大きく感じられるかもしれないのに対して、こちらは9.6cm四方となっています。

これでも、「ポストイットがいつでも使えるように机のうえにある」という状態が生み出す効果は大きいものがあります。

20140212 IMG 8417

こちらはライム色のポストイットにかえてみたところ。4色のほうはずしっと重いので、ポストイットをめくるときにホルダーがずれることはありませんが、こちらも十分に机のうえにグリップ感があります。

20140212 IMG 8414

そのグリップ感を生み出しているのが、背面の足に使われている柔らかい樹脂と、それがずれないように固定している溝の存在です。

この柔らかい樹脂のおかげでホルダーが机のうえで滑って、ポストイットをめくるときにホルダーが泳ぐのを防いでいるのです。小さなことですが、3Mらしいデザインです。

机の上にポストイットを常駐させると…

このホルダー、実のところ少しだけ高価ですので普通は相当ポストイット好きでも無い限り買おうとはあまり思わないかもしれません。しかしこのホルダーのおかげで、ポストイットが机の上に常駐されていると、いきなり使い方が変わります。

いたって単純な話ですが「置いてあると使う」ようになるのです。しかも、ちょっと何かを書きつけるときに迷いなくポストイットを使い始めますので、細かい忘れ物がいきなり減ります。

これまでポストイット置き場は引き出しの中であったり、机のうえでも場所が固定していませんでした。しかしこうしてホルダーという形でいつでも手を伸ばせるようにすると、頭から記憶がすり抜けそうになる瞬間に手を伸ばすのが習慣になります。なるほど、ただかっこいいだけのものではないのですね。

Postit

私は使ったポストイットをそのまま机の表面にはりつけて、使用済みのものはちぎって捨て、メモとして使うものは Evernote に撮影してやはり捨ててしまいます。

「宵越しのポストイット」をなるべくもたないというのが、いつまでも貼り付けてあって対応していないままのポストイットを減らすのには良い目安だったりします。

Evernoteの中にはいったポストイットはこうしてカラーが目をひきますので、なるべく太く、大きな字で書いておくのがコツであったりします。

忘れそうになる日常の細かいできごとを記憶力だけで管理するのは難しいですし、なにより苦痛です。

これまでポストイットをこうしたメモのために使っていた人は多いと思いますが、さらに細かいことを、いままでだったら記録せずに流していたこともさらに書き留めるようにしてみてください。

きっとそれだけでも仕事の快適さは増しますし、そのときこのポストイットホルダーが手放し難く感じることでしょう。

p.s.

ただいまAmazonを見ていると特に1色用のホルダーについて、色によって大きな値段の違いがあるようですのでご注意ください。そのうちすべて同じく安くなるのかな?


著者について

堀 E. 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事