ホームテクニックGoogle検索窓でタイマーを設定、時刻指定も (英語版のみ)
テクニック

Google検索窓でタイマーを設定、時刻指定も (英語版のみ)



Timer 1

本家Lifehackerより、「Google検索でタイマーを作る方法」というテクニックが紹介されていました。

英語版の検索でのみ通用しますが、「set timer for ◯ minutes」という具合に検索すると、即席のタイマーがカウントダウンを開始してくれます。

便利…なのでしょうか?(笑)

最近は自動で日本語検索に向かってしまうので、英語での検索をするまでに時間がかかってしまいそうな気もします。そういうときは、こちらの記事で簡単に英語検索ができるようにしておくのがよさそうです。

あいまい設定、時刻指定も可能

この機能ですが、「set timer 5 minute」のように for や複数形がなくてもちゃんと反応しますので、英語がちょっと…というかたは「set timer」だけでも覚えておけばよさそうです。

Timer2

また、時刻を指定すればその時間までのタイマーも作ってくれます。これも「set timer 9」とすれば、自動的に午前9時までのタイマーになります。

それだけといえばそれだけなのですが、ちょっとタイマーをつけて仕事したいときに利用できますね。一方で、アラームが鳴り始めた時にどのタブで鳴っているのだろう?と慌てそうでもあります!


著者について

堀 E. 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事