ホームa-未登録知ってるようで見落としがちな「正しいカメラの構え方」
a-未登録

知ってるようで見落としがちな「正しいカメラの構え方」



photographer.jpg

写真についてはまじめに勉強しなければといつも思っているのですがなかなか…。

プロの写真家たちがカメラ、撮影方法、編集ツール、そして写真家としてのビジネスモデルについて語り合う This Weeek in Photography ポッドキャストをよく聞くのですが、その公式ブログで、「正しいカメラの構え方」についてまとめられていました。

カメラに詳しい方には常識かもしれませんが、駆け出しの写真家でも案外間違えている人が多いそうですので、まとめておきます。

  1. 膝を曲げ、足をだいたい肩幅に広げる
  2. 脇をしめ、胴に密着させて撮影のためのプラットフォームを形成する
  3. レンズを手で握るのではなくて、手で支えてあげる
  4. さらに安定させるために顔をカメラに密着させる。ゴム製のアイカップをつけられるならつけること。こうすることで、瞬きや呼吸による微動を抑えることができる
  5. シャッターは押し下げるのではなくて、指をスライドさせて撮影する。これだけで撮影時のカメラの微動がかなり軽減できる

あとはこれらを、家で練習しておくことで、実際に撮影するときにはマスターしているようにしておくこと、だそうです。

最初の三つなどはよく聞く話ですが、最後の二つ、顔も支点だという点と、シャッターの切り方なんて、知ってても慣れていないと忘れてしまいそうですね。

ゴールデンウィーク中、写真を撮影することも多いと思いますが以上のポイントを意識すると、いまいましい写真のブレが少なくなるかもしれません。


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

2 Comments

Click here to post a comment

新刊案内

ライフハック大全

管理人: 堀 E. 正岳(めほり)

mehori

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。

2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote コミュニティリーダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモClimate+を運営しています。気候学者、理学博士、英語ネイティブ。

運営メディア・メルマガ

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事