ホームガジェットappbot Riley(アボット・ライリー):ロボット防犯カメラという「使える」IoTデバイスがやってきた! [AD]
ガジェット

appbot Riley(アボット・ライリー):ロボット防犯カメラという「使える」IoTデバイスがやってきた! [AD]



この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

ロボット! テクノロジーやガジェットが好きな人で、ロボットに興味がないという人などいないでしょう。

しかしロボットというと、多くを求めすぎた結果、Pepper のように大きすぎたり、高価過ぎたり、家庭には向かないものになりがちです。おもちゃのように小さくて安価なものもたくさんありますが、実生活で役に立つ機能がないとすぐに飽きてしまいそうです。

その中間で、広く普及するようになったのがルンバのような掃除機のロボットですが…おわかりですよね…そう、操作ができないのです。このような完全にスタンドアローンのロボットは高価で特定の役割に特化しています。つまり、あることは得意なのですが、想定外のことに対応できません。

そこで、日常生活に活かせる機能をもっていて、汎用的な使用のために自由に操作できるロボットはないだろうかという、かつての電子工作少年らしい少しわがままな気持ちがふくらみます。

そんな小さくて、手軽で、しかも遠隔から操作可能で、日常的に継続して利用する機能を備えたロボット製品があります。それが appbot Riley(アボットライリー)です。

appbot Rileyは、ロボット型のホームセキュリティーカメラ

appbot Rileyは手のひらに乗る大きさの、ロボット型のホームセキュリティーカメラです。

防犯カメラというと、すでにWi-Fiに接続してスマートフォンに自宅の様子を伝える製品が数社から出ていますが、そのどれもが居間などに1台を置くタイプか、複数台を購入して死角に対応するものです。

appbot Rileyの場合、本体がロボットですので、自分自身が動いて死角をなくすということができます。モーション感知、赤外線対応、顔検出、双方向オーディオの基本機能はすべて備えていますので、防犯だけでなく、ペットの見守りなどにも活用できます。

なんといってもスマートフォン経由で自宅の外から操作できるロボットだというのですから、心が踊ります。基本機能と、操作性。この二つでこれまでの防犯ウェブカメラには想定されていなかった事態にも対応が可能になるのです。

appbot Riley のセットアップ

こちらがappbot Rileyの外観になります。本体の大きさはたったの120mm x 102mm x 100mm。重さは 290g です。

手のひらに乗せたところは、この通り。製品画像から想像するのよりもずっと小さいですし、なによりもフットプリントが小さいので部屋の床においていてもじゃまになりません。

appbot Rileyをセットアップするには、まず本体うらの POWER と RESET ボタンを2秒ほど押します。すると、ロボットの頭が上下し、”I’m Ready” と音声で宣言して起動してくれます。

次に、スマートフォン(iOS、Android対応)にappbot Rileyのアプリをインストールし、スマートフォンの設定から本体が発しているWi-Fiに接続します。これで、アプリにロボットが登録されるという仕組みです。

appbot Rileyとアプリが連携したら、自宅のWi-Fiを登録します。実は設定はこれだけで、あとは自宅Wi-Fiを経由し、家の外からでも本体を操作することが可能になります。

最後に、部屋の一角に、充電ステーションを設置しておきます。このステーションの50cmくらいの距離まで近づいたら、appbot Rileyは自動でドッキングして充電することができます。

実際にロボットを動かしてみる

それでは実際にappbot Rileyの本体を動かしてみましょう。

アプリからは、左のアイコンで首の上下運動を、右のアイコンで前進・後進・左右回転を行うことができます。

また、ここからは映像内の顔認証、モーション検知、赤外線カメラへの切り替え、双方向オーディオの起動などといった機能にもボタン一つでアクセスできるようになっています。

appbot Rileyの動きは動画でしか伝わらないと思いますので、ぜひその起動から、転倒からの復帰などを行なう様子を御覧ください。

左右のキャタピラで、前後とその場の回転を行なう姿です。思ったのよりもすばしっこい動きをしてくれます。テストした際には、廊下を走って自宅の反対側までゆくのに1分くらいで十分でした。

障害回避は? どれだけ実際に使える?

appbot Rileyをお借りして使用しているあいだ、とにかく楽しくてラジコンのように動かしていたのですが、それでいくつかわかったことがあります。

まず段差ですが、絨毯や、マットレス、そして小さな段差ならば2cmくらいのところまで乗り越えることは可能でした。ただし、大きな段差を乗り越える際にはスピードに気をつけてゆっくりと進まないとうしろに倒れてしまいます。バックで進む場合は、どうしてもカメラの首の重さで転倒しやすくなりますので、段差はなるべく正面からアプローチするのがよいでしょう。

意外に重宝するのが、このカメラアングルの広さです。上下120度ありますので、カメラの70度の画角を含めて考えると、かなり手軽に部屋のなかを眺め渡すことができます。カメラは5Mピクセルで写真と動画に対応しており、夜間には赤外線LEDの力で闇のなかでも操作が可能です。

こちらが部屋を暗くして、赤外線LEDで撮影した場合です。この機能は、旅行に出ている際の夜に部屋の中を監視したい場合などに重宝します。

注意すべき点もいくつかあります。たとえばappbot Rileyは、自動的に室内を動く機能はもっていません。つまり、見たい場面があるならば必ず操作してそこまで動かさないといけませんので、これが多少煩雑になる可能性はあります。そこで、充電ステーション自体を比較的見晴らしのよい場所において、ふだんはそこから定点監視を行い、必要に応じて移動するようにすると良いでしょう。

アプリには多少気難しいところがあり、少しでもバッググラウンドにアプリが入ったり、通知窓が開いたりするとロボットとの接続をやり直さないといけない場合があります。とはいえ、これは自宅の外からでも1タップでできますので、問題ないかもしれません。

防犯に、子供やペットの見守りに、趣味のために

「ロボットで防犯」というと、中途半端にしか動くことができないものかもしれないと不安がよぎりますが、appbot Rileyに関しては期待を大きく上回る運動性能にびっくりしました。

スマートフォンから確認できる防犯カメラを導入したいものの、監視したいものが複数の部屋に分かれている場合には、appbot Rileyは手軽なソリューションとなるはずです。

あるいは防犯のためではなくとも、趣味のためのカメラ付きロボットとしても応用例はいろいろあるかもしれません。

約束している機能はほぼ完璧にこなしているappbot Rileyですが、あえて今後のアップデートに期待したい点を挙げるとするならば、侵入音センサーをつけてほしいのと、侵入があった場合に遠隔から大きなアラームを鳴らす機能はほしいところです。

もっとも、侵入者のうしろからロボットがやってきて、音声で話しかけるだけで普通の神経の泥棒は逃げてしまうとは思いますが…!

appbot Rileyが成功している、IoTの切り取り

IoT、つまりは「モノのインターネット」という言葉が流行してからしばらく経ちます。もちろん技術的にはさまざまな進展があるのですが、いまいち生活でそうしたデバイスが役に立っているという実感がないのは:

  • 電球をつけたり消したりといった、すでにできることをスマートフォンでできてもメリットがない
  • デバイスが役立とうとしているシーンがニッチ過ぎて、そのために導入するほどでもない

という場合が多いからといえます。その点、このappbot Rileyは簡単なロボットデバイスに、必要な機能を吟味して切り取って組み込むことによってちょうどいい利便性を生み出している気がします。

防犯という日常的に必要な機能に、遊び心のあるロボットの動きとを組み合わせることで、appbot RileyはIoTデバイスの本来あるべき姿へと踏み出しているのです。

もう私たちが日常的に、家のインターホンを「テクノロジー」として意識しないのと同じように、appbot Rileyの手軽さはそれを「ロボット」だとも「防犯デバイス」だとも意識せずにすむところまで仕上げています。それがどれだけすごいことか。

appbot RileyはもともとIndieGogoで出資を集めて目標の3倍の金額を集めて成功したプロジェクトでしたが、どんどんと製品をアップデートさせ、機能を追加しているところも好感がもてます。日本ではライオン事務器のウェブショップから、29800円(税込)で販売されています。

自宅でホームセキュリティーシステムの導入をお考えの場合は、ぜひこの未来に投資してみてください。

(おまけ)

appbot Rileyのキャタピラは交換可能で色違いがありますので、これをつかってカスタマイズができるのですが、この面構え、これは目鼻や口をどうも描き入れたくなる愛嬌がありますよね。子供がいる家庭なら、そうした模様をつけたりなどといったカスタマイズもよいかもしれません。


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。