ホームiosアプリOffice for iPad, iPhone, Androidが無料に!でも時代はそれを置き去りにしつつあるという話
iosアプリ

Office for iPad, iPhone, Androidが無料に!でも時代はそれを置き去りにしつつあるという話

office4.PNG


つい先日、Dropboxとの提携でサプライズさせてくれたMicrosoftが、今度はモバイル戦略を大きく転換してOffice for iPad, iPhone, Androidを無料で提供すると発表しています。

これまでMicrosoftのクラウドストレージを使用し、Office365の購読が必要だったのが、無料で、しかもDropbox上にファイルを保存して利用することが可能になります。

すばらしい!いや、本当に?

ひとまず iPhone と iPad に Word / Excel / PowerPowerPoint をインストールします。

Office1

Microsoftアカウントを作成してそれぞれのアプリにログインすると、iPhone およびiPadから文書を作成、あるいは保存することが可能になります。

Office2

触ってみると、たしかに編集できるのですが多少じゃじゃ馬なところがあり、うっかりと段落ごと消してしまいやすいところがあります。

そんなときにはフォーマットを簡素化するボタンを利用して、右側のようにしたうえで編集を行います。

Office3

今回のアップデートで、すでにDropboxとの連携が組み込まれていますので、ファイルを作成してDropboxに保存、あるいはDropboxに存在するファイルを開いて編集することができます。

ひとまず文章が中心のものをいくつか開いてみましたが、問題なく編集と校閲などができます。ただ、表などが複雑なものは難しいようでした。

Office4

iPadにおける編集も、画像、整形、校閲などさまざまに用意されています。ただし、プレミアムユーザーに機能が限定されているものもあります。

マイクロソフトの戦略とOfficeフォーマットの限界

多くの機能は無料で使うことができるものの、たとえばWordの場合「セクション区切りの挿入」「ページの向きの変更」「画像への影や反射のスタイルの追加」などといった、利用頻度は少ないものがプレミアム機能になっています。

同様の制限はExcel、PowerPointにも存在し、傾向として文書の完成度を高める機能がプレミアムになっているようにみえます。

ここに、どうもMicrosoftの思惑と、いまの世界とのズレが存在するように思えます。

その昔、Google DocumentがiPhone上などでは使えなかった頃、よく聞こえた声は「iPhone でOfficeドキュメントが閲覧、編集できれば」というものでした。しかし2014年に実際にそれが実現してみると、なんだかそれはすでに過去の時代のもののように感じられます。

というのも、Officeドキュメントは「仕事のデータ」としては整形がととのっている完成物の側にあるもので、実際にすばやく仕事を回す段階はより軽量なテキストや、簡単なHTMLメール、Evernoteのノートなどで進めることになれてしまったからです。図で示すと:

Office5

たとえば最近は作業の依頼書、確認などといったものはフォーマルなものでもメールで届き、メールで返信するのでOKというケースが多くなってきました。

Wordドキュメントを整形、完成させ、お互いに飛ばす手間は図でいうと「完成度が高い」すなわち手間がかかり、「モバイル編集が難しい」という2重の意味で仕事の足かせとなってしまいます。

それよりはふだんの仕事はテキスト形式、つまりは素の情報に近い部分でメール、チャットで飛ばし合い、最後の段階でOfficeドキュメントにするわけですが、そのためにiPhone/iPadをわざわざ使う必要はありませんよね?

Office6

ここでなかなかすごい先手を打っていたのがEvernoteで、単なるデジタルノートから、「仕事をする場所」のプラットフォームとしての戦略を打ち出しています。

テキスト形式だと画像などの挿入が面倒になるわけですが、Evernoteのノートを使う限りは、テキスト、画像、ファイル、簡単な整形もすべて入っていて、しかもそれを共有して同時に編集、チャットもEvernoteのなかで実現しているというわけです。

Evernoteワークチャットで相談しながら資料を練り上げて、最終的にできあがるのがきれいなOfficeファイルの報告書だとしても、Officeのなかで作業をする必要はありません。Evernote、すごい陣地をとっています

もちろんOfficeファイルは世界でもっとも使われているレガシーフォーマットですので、これが容易になくなるわけはありません。

しかし長い目でみたときに、生産性をいちいち下げてしまうフォーマットに固執するよりも、情報のやりとりを促進することで仕事を加速するほうがメリットが大きいのは確かです。

これから世界はどのように動くのでしょう? アンバサダーだからというわけではないのですが、わたしならEvernoteに賭け金を積んでおきます。

Microsoft Officeがすでに発車してしまった列車を追いかけるようにしてモバイルにすがっているのに対して、Evernoteは新風吹き込む新しい仕事場を作っているからです。

タグ

著者について

堀 E. 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事