ホームテクノロジーEvernoteEvernote Devcup 2013 Kick off & User Meetup に参加しました
Evernote

Evernote Devcup 2013 Kick off & User Meetup に参加しました



DSCF0174

先週の話になりますが、Evernote CEOのPhil Libin氏をお迎えして開催されたEvernote Devcup 2013 Kick off & User Meetup に参加してきました。Evernote Devcup は Evernote プラットフォーム上でのアプリやサービスを競う大会で、入選は9月に行われる予定の Evernote Trunk Conference で発表される予定です。

今回はそれに先駆けてDevcupの目的や選考基準についての説明がされました。Evernoteが独自のプラットホームとして広がっていることを示す温かいイベントになりました。

「Evernoteがなくては生きていられなくなるようなアプリを」

数年前、Evernote Trunkが出てくる直前に私は Phil から”This is going to be huge” 「すごい発表があるんだ」とウインク付きで言われていました。

発表された Trunk をみて、これはどういうことだろうと首をかしげたのを覚えでます。それから時間がたち、ようやくその判断の凄さがよくわかるようになってきました。

ツイッターがサードパーティーのアプリによって発展したようにEvernoteも、ユーザーが作るアプリによって豊かになっています。

しかしツイッターと違うのは、Evernoteは独自のiTunesストアやGoogle Playのようなアプリストアを用意しているという点です。

そしてここにはアプリだけでなく、書籍や物販まで、Evernoteを取り巻くすべてが乗っかってくるのです。リアルな世界とクラウドをつなぐサービスだからこその多様性ですね。

今回ここに集ったユーザーはみな、その凄さを理解していて、そのプレイヤーの一人なのです。

DSCF0159

私が遅れて来場した頃にはすでに満員だった会場。壇上にはEvernoteエンジニアの佐藤さんが立っていて、「Evernoteがなくては生きていけなくなるようなアプリを作ってほしい」というメッセージを伝えてました。

そう、Evernoteを使って良いアプリを作るということは単に便利なものというのを越えて、生きていく上で必要不可欠な記憶へのアクセスを楽にするんですよね。

他のプラットホームなら、なんという大言と思うかもしれませんが、Evernoteだとそれは必然なのです。

DSCF0170

Philにもお会いできました。とても忙しそうで少し体調が心配なのですがいつもの通り客をエンターテインしていました。

DSCF0169

モレスキン・スマートノートも会場にたくさん並んでいました。こちらもそろそろ店頭販売開始ですね。

まさにEvernoteがリアルな製品ににじみ出ているいい例と言っていいでしょう。

DSCF0186

開発者の紹介やサードパーティーの製品の紹介のあと、最後の写真撮影。

Evernoteジャパンのメンバーも増えて楽しそうです。今後ますますの発展を期待しています!

DSCF0190

いや、本当に楽しそうだな…(笑)


著者について

堀 E. 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事