ホームiosアプリiPhone で「あ、このページを Pocket に入れたい」というときに使える技
iosアプリ

iPhone で「あ、このページを Pocket に入れたい」というときに使える技



Pocket1

膨大な RSS から「あとでしっかり読む」記事を一時的に保存する場所としてすっかり Pocket (旧 Read it Later)が定着してしまいました。

Pocket に記事を入れるには Chrome の拡張機能を使ったり、Reeder などといったアプリの Pocket 連携を使うのが普通ですが、iPhone 上でいま読んでいるウェブページを入れたい!という場合があります。

それを一発でおこなう近道があったので覚え書き的にエントリーにしておきます。

URL をコピーして Pocket を起動

書いてしまうとたった一行ですむのですが、こうしたときにはそのウェブページの URL をコピーしてクリップボードに入れた状態で Pocket アプリを起動します。

Pocket2

すると Pocket がクリップボード内の URL に気づいて追加するかどうかをきいてきます。これは便利!

ブックマークレットを使う方法もありますが、設定や使用上の面倒が少ないのでこちらのほうがいいですね。

Pocket の ifttt も設定しておこう

話のついでですが、Pocket を多用する人なら、ifttt で「Google Reader でスターをつけたら Pocket に入れておく」というフローを設定しておくと、どんなRSS リーダーアプリを使用していてもスターを付けるだけで Pocket への流れを作り出せるのでやはり手間がなくなります。

Pocket3

これで私の頭は Google Reader を流している間は「何か読むもの、ブログに書くものはあるかな」という「選びとり」のモードに集中して、Pocket に向かっているときは「これは記事にするか、それとも Evernote に格納して今後の肥やしにするか」という状態に集中できます。

Pocket にかぎらずフローをストックに変える変換を行う瞬間には、こうした「思考の変換」が伴うはずですからツールがそれに最適な機能を提供してくれると嬉しいですね。

というわけで Pocket を使っている人限定の一発ネタですが、使っていない人もぜひこの機会にどうぞ。

タグ

著者について

堀 E. 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

2 Comments

Click here to post a comment

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事