ホームテクノロジーEvernote2タップですべての機能にアクセスできる Evernote 5.0 for iPhone / iPad / iPod touch
Evernote

2タップですべての機能にアクセスできる Evernote 5.0 for iPhone / iPad / iPod touch



Evernote5 ios

ほんの数日前に Evernote 5.0 for Mac のベータ版が公開されたところですが、この思想にのっとった iPhone / iPad / iPod touch 用のアプリがリリースされました。

(この一瞬ですべてのEvernote本がoutdateになってしまった著者と編集者たちの絶望の声を聞け!)

新しい Evernote アプリの哲学は明確です。それは「すべての機能に2タップで到達できなければいけない」という、ユーザーエクスペリエンスの徹底です。

最初は見慣れなくて、使いにくいと感じるかもしれませんが、この「2タップ」を意識して触り始めてみましょう。すぐに近道が感じられるはずです。

ノート、ノートブック、タグ、地図への2タップ

Evernoteアプリをひらくと、いくつかのタブが出迎えます。全てのノートを見るタブ、ノートブック、タグを表示するタブ、そして場所のタブです。プレミアム機能を設定するためのタブが一番上にあります。

Evernote ios1

タブに触れると、その機能を開くことができます。これでまず1タップ、あとはすぐにノートを閲覧できます。

Evernote ios2

あるいはここで下に画面を引っ張ると、ノートをカードビューにするボタンや、検索窓にアクセスできます。これで2タップですね。

この検索窓はあるいはもっとも利用する場所になるかもしれませんので、すぐに引き出せるように覚えておきましょう。

Evernote ios3

同様にノートブックとタグのタブも、1タップでノートブックスタックやタグのリストにアクセスできます。また共有ノートブックも統合的に表示され、共有状態もアプリ内から変更できます。

Evernote ios4

場所からノートを見つける機能も、任意の範囲を選び、カード表示をすることで「この範囲内のノート」を表示できるようになりました。ズームしたり、戻ったりしつつノートを探してゆくのがよさそうですね。たとえば旅行にいった国レベルでみたり、近所にズームインして探すといったように。

ノート作成への2タップ

Evernoteへのノートの記入も2タップが基本です。一般的なノートを作るなら上部の左のアイコンをタップします。ここで音声ノートを作ることも、写真を追加することも可能です。

Evernote ios5

単に写真をとってすぐにノートにしたいなら真ん中のアイコンです。いちいち編集画面に飛んだりせず、写真がそのままノートになります。

また右のアイコンはページカメラで、モレスキンや四角い素材を切り取ってくれます。

検索窓への2タップ

なるほど見た目はきれいだけれども、どうやって普段ノートをみるのか? というところで新しいアプリはつまづきやすい UI になっています。そこで先程の検索窓を忘れないようにしましょう。

Evernote ios6

検索窓をタップすればすべての保存された検索と、最近の検索が表示されます。その場で検索を保存することもできますので、何度も使用するものは積極的に保存しておきましょう。

iPad版のみの「最近のノート」機能

iPad版も同様の変更が加えられています。iPadにのみ加えられているのが、Mac版にも登場した「最新のノート」の欄です。

Evernote ios7

この欄を使えば、最新のノートにすぐにアクセスして、作業をすすめることができます。

IMG 7283

カードビューも縦方向に短くなってプレビューが見やすくなるなど改善が加えられています。

IMG 7285

タグもアルファベットごとに画面いっぱいにまとめられていて探しやすいです。あとは複数のタグを選べるようになるといいのですが。

IMG 7286

地図のビューもすばらしいですね。スムーズにズームインしながら場所を手がかりに記憶を探しに行けます。

要望がないわけでもない…

以前から Evernote を利用していた人にはとてもわかりやすく、欲しい機能に瞬時に指が吸い付く感じの新しいアプリですが、初心者にしてみると起動した瞬間に「タグ」「ノートブック」というキーワードが並んでいてわかりにくいかもしれないという危惧は少しだけ感じました。

また、Evernoteはせっかく Skitch、Hello、Foodといった連携アプリがありますので、公式アプリ内から Skitch へと飛んだりできないのかなあというのは感じました。iOS的には可能…なはず。

しかしそれにしても慣れ親しんだ UI をあえて放り出して新しいものに挑戦するのは Evernote ならではで、とても好感がもてます。ユーザーの経験を重視する方向に舵をきったEvernote、今後は膨大なノートのなかから「あの一つ」を見つけやすくするための機能整備に期待したいところです。


著者について

堀 E. 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事