ホームライフハック世界初のソーシャルメールクライアントへ。Sparrow 1.2 に Facebook連携機能と日本語対応が
ライフハック

世界初のソーシャルメールクライアントへ。Sparrow 1.2 に Facebook連携機能と日本語対応が


Click

まるでツイッタークライアントのようなミニマルなデザインの Mac 用 IMAP メールクライアント Sparrow がバージョン 1.2 になって野心的な展開をしています。その謳い文句は「世界初のソーシャル・メールクライアント」です。

今回の新しい機能は、「Facebookの顔写真と連携する」機能と、相手を Facebook Connect を通じて相手を友達として登録する機能ですが、考えてみるとこれはメールクライアントの常識をくつがえす考え方です。

Fb profile

メールといえば、それ自体がソーシャルネットワークというわけではなく、ネットワークは「アドレス帳」のなかに入っていたりします。つまりユーザーは一人一人が「アドレス帳」の管理を行ったり、相手の顔写真の管理をしなければいけません。これはお互いに大いなる無駄です。

連絡先や顔写真も、本人が一番アップデートするデータなのですから、本人が世界にむけて公開している情報が、その人とつながっている人に拡散すればいいわけです。Sparrow が目指している「ソーシャルなメールクライアント」の第一歩はここにあります。

Sparrow の次の展開は?

しかしその先の展開はどうでしょう? ここで思い出したいのは、Facebook にも通常のメッセージ機能、そして facebook.com ドメインのメールアドレスを受信する機能が存在する点です。

もし Sparrow がメールだけでなく、Facebook のメッセージを送信する機能や、Facebook のグループを利用してメーリングリストを構成する機能をもつなら、真の意味でソーシャルなメールクライアントになるかもしれません。

ネット上の多くのコミュニケーションがソーシャルネットワーク上に移行したとはいえ、それぞれのサービスはいわゆる Walled Garden で相互に交わりにくい関係が続いています。その一方で、メールは誰でも使える「基底」としてFacebookもツイッターもすべてのSNSをつなぐ接着剤の役割を演じるかもしれないわけです。

このブログが始まった頃に「Web2.0的アドレスブックはどこだ?」という記事を書いていて、自動で更新するソーシャルネットワークとしてのアドレス帳を夢想していたのですが、Web2.0 という言葉があまり使われなくなった頃になってこういう展開があるのがとても興味深いですね。

今回のアップデートでは日本語のローカリゼーションも実現していますので、これまで英語だったので利用を控えていた方はお試しください。

以前 Sparrow については以下の記事を書きました。

(新刊案内)

好評だった「ライフハック大全」に続く新刊「知的生活の設計」が11月24日に発売されます。

本を読むことであれ、映画を見ることであれ、趣味を追求することであれ、現代はすべてが情報とのふれあいです。そうした日常の楽しみを10年先まで活かせる「知的な蓄積」に変える生き方、「知的生活」をどのように設計するかが、今回のテーマです。

今日の行動を10年先につなげる、現代の「生存戦略」の本として活用いただけると自負しています。ぜひご予約いただければ幸いです。

知的生活の設計―――「10年後の自分」を支える83の戦略

著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。