ホームa-未登録新機能のFlickr共有ボタンで写真単位の共有が楽になった
a-未登録

新機能のFlickr共有ボタンで写真単位の共有が楽になった



数日前になりますが Flickr にソーシャルネットワーク向けに写真を一発で共有するボタンが追加されたという話題がありました。

欧米では写真の共有はFlickrではなく、Facebookが主流となってしまった感がありますので、今回の新機能は遅ればせながらそれに対抗するという意味合いもあるのかと思います。

これまでも写真を共有することは可能でしたが、メニューの奥のほうに機能が隠されていたので、一発共有することができるボタンの登場で、Flickrにアップロードしてからツイッターにつぶやくといった流れもそれほど手間ではなくなりそうです。

共有ボタンの使用方法

それぞれの写真やセットののページを開くと、新しく共有ボタンが登場していますので、こちらをクリックします。

Flickr1

主な共有方法がポップアップで登場しますので選択します。下の “share preferences” や “more ways to share” を利用すれば、Wordpressブログを含んだ他の共有方法を追加することも可能です。

Flickr2

ツイッターへの共有風景はこのような感じです。すでに Flickr の短縮URLは含まれていますので、つぶやきを入力して POST を押すだけです。

Flickr3

共有の際の追加ルール

ちょっとわかりにくいのが今回のアップデートによる共有機能の変更点です。

  • これまではフォトストリーム、セット、グループをメール経由でしか共有できなかったのが、ボタンにあるツイッター、Facebookといった共有先でも可能になった。
  • Facebookへの共有が写真単位、セット、グループ、フォトストリームといった自在の粒度で可能になった。
  • 非公開の写真についても Facebook に共有が可能になったので、いちいち写真を公開設定しなくてもよい。
  • 他のユーザー(Flickrにサインインしていなくてもよい)が、あなたの Public の写真をこのボタンで共有することも可能。
  • Tumblr対応!

ツイッターやFacebookの人気によって、写真のアップロード先がツイッターの画像共有サイトであったり、Facebookのフォトアルバムに囲い込まれることが多くなりました。

しかし一方で、大事な写真はひとまず Flickr にアップロードしてなくさないようにしてから共有したいという方には今回のアップデートは利用価値が高いでしょう。

まだまだ、クオリティの高い写真の数では Flickr が圧倒していますので、これらの機能が多くのひとに利用されるようになるといいですね。


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

新刊案内

ライフハック大全

管理人: 堀 E. 正岳(めほり)

mehori

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。

2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote コミュニティリーダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモClimate+を運営しています。気候学者、理学博士、英語ネイティブ。

運営メディア・メルマガ

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事