ホームa-未登録シンプルでエレガントなリマインダアプリ、Due
a-未登録

シンプルでエレガントなリマインダアプリ、Due



due.png

「あと3分でラーメンができる」「あと20分後にもういちど電話する」「明日出勤前に荷物に◯◯が入っていることをリマインドしてほしい」

このようにちょっとした時間を知らせてもらえると、時計を見ながら時間を常に確認する必要も、未来の約束を覚えておく必要もないので、とても楽をすることができます。アラームがなるまでは、何も考えずに別のことをしていればいいのです。

そうしたリマインダやタイマーを一発で設定できるエレガントなアプリ、DueDaring Fireball で紹介されていました。

iOS4 のバッググラウンド機能を活用

iOS4 の、アプリのバックグラウンド処理機能はまさにこうしたことのためにあったわけですね。Due を利用すれば、アプリを前面にもってきていなくても、リマインダがちゃんと起動してくれます。

iPhone Screenshot 1.jpeg

これがその画面。リマインダで構成された ToDo リストのようですね。

リマインダを一発で作成

リマインダは、まるでチェーンロックの暗証番号をいれるように片手ですぐに設定できます。

4種類のプリセットを設定できますので、午前・午後・夕方・夜眠る前といったように定番の時間を登録しておくこともできます。

iPhone Screenshot 2.jpeg

複数タイマーを同時起動

リマインダと同時にタイマーも複数設定できます。これらのタイマーも複数を設定して同時に動かすことができます。ラーメンができるのを待ちながら、次に電話をかけるまでの時間も同時にカウントダウンするということができますね。

due-3.jpg

ログブックで過去の履歴を再利用

これまでの機能なら iPhone 純正アプリについているタイマー機能でもなんとかなりそうでしたが、この履歴機能が Due のまた良い点です。

過去に利用したリマインダをいつでも呼び出して再利用することが可能です。いつも繰り返すわけではないけれども、いちいち入力するのが面倒なリマインダはここから呼び出せばいいわけですね。

due-4.jpg

シンプルなタイマーを活用することは時間の利用の仕方、ひいては仕事の効率化を大きく左右します。

これまでデスクトップでは便利なアプリが多くありましたが、iPhone のうえでは Due をしばらく使ってみようと思います。

p.s.

Due は「予定」という意味合いがある言葉ですが、発音は「デュー」です。「ドゥエ」ではありませんのでご注意を!


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

1 Comment

Click here to post a comment