ホームa-未登録モレスキンから、あなたの情熱を受け止める「パッション」シリーズが登場
a-未登録

モレスキンから、あなたの情熱を受け止める「パッション」シリーズが登場



passions.jpg

モレスキン手帳は堅牢で使い勝手もよいですが、「読書ノート」や「健康メモ」にする場合に自分で体裁を作らなくてはいけないという部分がいままでネックでした。

そんな特別な用途のためのモレスキンが本日6種類発表されました。その名も「パッション」(情熱)シリーズ。あなたが情熱を抱いていることをキャプチャーしようというタイトルですね。

レシピ

ISBN 978-88-6293-315-5.gif

料理のための計量の情報や、食材についての情報ページにくわえ。前菜、メインディッシュ、などのテーマで分けられたメニューを書き留めるための手帳ページの構成になっています。これを埋めることができるなら、相当の腕前になるはず

ワイン

ISBN 978-88-6293-316-2.gif

赤、白、などワインの種類に分けられたテーマ、ワインの語彙などについて書かれた情報ページが含まれます。表紙も豪華。これは買ってしまいそう…。

ISBN 978-88-6293-319-3.gif

アルファベット順の目録で作る自分だけの読書ノートです。表紙に「響きと怒り」や「シッダールタ」のような海外の名作に並んで日本語で「海辺のカフカ」「キッチン」とか書いてありますね。

映画

ISBN 978-88-6293-317-9.gif

見た映画の批評をおこなうことができるノートブックです。情報ページには主立った映画祭のリストがあります。このノートのシールは特につかえそう。

音楽

ISBN 978-88-6293-320-9.gif

個人的にやらないといけないとずっと思っているのが音楽のノートです。クラシックは長年聴くことで耳を養わないといけないので、リサイタルなどで聴いた記憶をキャプチャーしておくのは重要です。このノート自体はむしろロックコンサートのメモなどにもつかえるような、一般的な体裁になっています。

健康

ISBN 978-88-6293-318-6.gif

実は一番つかえるのがこのノートブックかもしれません。タブには「運動」「食事」「インスピレーション」「目標」といったものが含まれており、自分の心と体の健康をキャプチャーできるようになっています。

まとめ

これらのうち、Evernote で情報をキャプチャーしているものも多くありますので、紙の手帳が必要かどうかはまだわからないのですが、たとえば出先で iPhone をいじくっているわけにいかないときのためにこうした手帳があるのはよいかもしれませんん。

まだ英語版のみですが、いずれ日本語訳も生まれるはず。日本だけの追加テーマなんかがあると良さそうですね。前から「習字」や「短歌・俳句」をキャプチャーするためのモレスキンとかあったらいいと思っていたのですがどうでしょう?


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

1 Comment

Click here to post a comment

新刊案内

ライフハック大全

管理人: 堀 E. 正岳(めほり)

mehori

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。

2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote コミュニティリーダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモClimate+を運営しています。気候学者、理学博士、英語ネイティブ。

運営メディア・メルマガ

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事