a-未登録

Mobile Me の同期に問題が生じたときの完全リセットの方法



20080723230537.jpg

先日 Snow Leopard にアップグレードする際に、職場の iMac と MacBook Air はハードディスクを消去してから再インストールということをしていました。

気持ちの問題かもしれませんが、やはりこれをやると体感スピードが格段に向上した気がして、新品の Mac を触れているような感じになります。新品の Mac をさわる喜び、Mac オーナーだったらおなじみですよね?

もののついでに、今回は久しぶりに Mobile Me でシンクロさせているすべてのデータを消去して一からやりなおすということもしていました。というのも、どうも Mobile Me は放っておくと同期の残骸ともいうべきデータが残ってしまう傾向にあるみたいだからです。

たぶんニーズがあると思うので、しばらくまえに Geek Life というブログでみた方法を備忘録もかねて紹介しておきます。

1. まずバックアップを

これからすべてのデータを消すのですから、ちゃんとバックアップをとっておきましょう。また、もっともデータが新しい母艦で作業するのも忘れないように。

2. 登録されているコンピュータを一つずつ解除

「システム環境設定」→「Mobile Me」の「同期」タブを選び、「詳細」から現在 Mobile Me で同期しているコンピュータの一覧表を出します。

次に、現在作業をしているコンピュータをのぞいて、すべてを一つずつ解除していきます。

3. 現在のコンピューターを削除すると…

ここがいいところなのですが、最後に自分がいま作業をしているマシンを Mobile Me の同期から解除します。すると次のような画面が出てきて、「使用されていない同期情報を削除するか」と聞かれます。

nuking-mobileme.jpg

Mobile Me の同期でトラブルがあったなら、きっとここにはたくさんのゴミが蓄積されているはずです。これらすべてを選択して「削除」してしまいましょう。

4. データを再度アップロード

これがおわったら、再度 Mobile Me の設定パネルから「Mobile Me と同期」をチェックして、同期頻度は「手動」にしておきます。

もういちど「詳細」をクリックして、「同期をリセットする」をクリックすると次のような画面がでます。

nuking-mobileme2.jpg

そこで「置き換える」をクリックして、Mobile Me 上のすべてのデータを現在のコンピュータの情報で上書きしてしまいます。

この最後の手順は不要のようにもみえますが、「置き換える」を明示することで、次に他のコンピュータを同期させたときに不都合が起こりにくいのだとか。

これをやってみて、実際にトラブル続きだった同期が直ったので、定期的にこの手順はやるようにしています。iDisk についても、似たような方法で時々すべてのデータを消しています。

でも、ここまでやってみて自分がそれほど Mobile Me のシンクロを利用していないということに気づきました。これまでやはり不便だったので、Dropbox を利用するようになっていたのですが、これを機にまた Mobile Me も安心して使えるようになればいいな。


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

1 Comment

Click here to post a comment

新刊案内

ライフハック大全

管理人: 堀 E. 正岳(めほり)

mehori

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。

2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote コミュニティリーダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモClimate+を運営しています。気候学者、理学博士、英語ネイティブ。

運営メディア・メルマガ

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事