ホームa-未登録ルーティンカードで子供の…いや、自分の行動も制御する
a-未登録

ルーティンカードで子供の…いや、自分の行動も制御する



routine-card.jpg

子供が大きくなったときのためにとっておこうっと!

Unclutterer 経由で知ったサイト、LivingLocurto で子供のための「朝のルーティン」を絵に描いたカードがダウンロード可能になっています。

子供はこの大きなカードを一枚ずつとって、やるべきことをやるべき順序でこなしていき、終わったら所定の場所にカードを入れるか、たぶん親に渡してゆくという利用方法です。

「歯を磨いた?」「ベッドをきちんとした?」と小言で子供を追い立てるよりも、「カードがまだ全部そろってないよ?」と言うだけで子供自身に何が足りないかを考えさせることができますので受動的な行動よりも能動的行動を植え付けるのに役立ちそう

しかしこうしたカード、有効なのは子供だけというわけではありません。

「手帳と向き合う」「スケジュールを整理する」「明日の Most Important Task を考える」といった毎日やることをカードにしておき、一枚ずつクリアしてゆく「ルーティン・カード」は私も何枚かもっています。

カードにしてしまうことで、頭で考えなくてもカードを繰ればやるべきことが見えてくるというのは時間と集中力の節約になるからです。毎日やるべきルーティンをどうしても忘れてしまうという人がルーティンのカードを持っておくのは非常に有効なハックです。

リンク先には子供が学校から戻ってきたときにやるべきことを書いた「下校時のルーティン・カード」もありますので、ダウンロードしてみてください。

もし自分で作ったなら、「プリント持って帰ってきた?」「宿題は?」「ポケットに変なモノいれてない?」って書いてありそうです。懐かしい記憶が甦りますね(笑)。


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

3 Comments

Click here to post a comment