人生を変える小さな習慣

Tag: Pocket

あとで読むサービスPocketの日本語化でみえた「みんなが保存するサイト」ランキング

あとで読むサービスPocketの日本語化でみえた「みんなが保存するサイト」ランキング

もうそろそろ、もともとRead It Laterだったという来歴よりも、新しい名前でのほうが知名度が高い、あらゆるサイトを「あとで読む」サービス Pocket が日本語化されています。 ウェブ版、iOS版、Android版がすでに日本語表示になっていますが、この手の翻訳でよくあるまずい日本語ということも、フォントの崩れなどもなく、これまでメニューが英語で使いにくかったという人には満足のゆく変更になっていると思います。...

Feedbinでスターした記事をPocketへ送る方法とそのメリット

Feedbinでスターした記事をPocketへ送る方法とそのメリット

Google Reader なきあと、RSS リーダーは Feedly が最も有名になりましたが、小気味よく使える Feedbin も便利で手放せません。 実際、これまで構築してきた RSS フィードの一覧は Feedly にまかせ、Feedbin には日々出会った新しい情報ソースをどんどんと追加してゆき、「一軍ソース」を探すという役割に使い分けています。 ただし、ふだん Feedly でそうしているように、IFTTT のレシピを通して Feedbin...

Pocketボタンが可視化する「見えないバズ」とウェブコンテンツの新しい指標

Pocketボタンが可視化する「見えないバズ」とウェブコンテンツの新しい指標

ブログの記事やウェブサイトにアップしたコンテンツはPVという形以外にも、ツイッターにつぶやかれたり、Facebookでいいね!をされることでどれだけ「バズ」しているかがわかります。
しかし 1. 興味をもって、2. 読むつもりで保存して、3. n日後に実際に読んだという「見えないバズ」はどのようにして把握すればいいのでしょうか?
その一つの答えを「あとで読む」サービスの Pocket (旧Read it Later)ボタンと、Pocketのパブリッシャーツールが提供してくれています。

iPhone で「あ、このページを Pocket に入れたい」というときに使える技

iPhone で「あ、このページを Pocket に入れたい」というときに使える技

膨大な RSS から「あとでしっかり読む」記事を一時的に保存する場所としてすっかり Pocket (旧 Read it Later)が定着してしまいました。
Pocket に記事を入れるには Chrome の拡張機能を使ったり、Reeder などといったアプリの Pocket 連携を使うのが普通ですが、iPhone 上でいま読んでいるウェブページを入れたい!という場合があります。
それを一発でおこなう近道があったので覚え書き的にエントリーにしておきます。

Pocket for Macでウェブの情報処理が飛躍的に楽になる

Pocket for Macでウェブの情報処理が飛躍的に楽になる

このままだとInstapaperからPocketへと宗旨変えしそうです。
欧米でよく利用されている「あとで読む」サービスとして、大きく分けて Instapaper と、のちに Pocket となった Read it Later がありました。
これまで私は一貫してInstapaperを押しだったのですがこのほど登場した Pocket for Mac のあまりの使いやすさに、もうそろそろ軸足を Pocket に変えようかと思っています。