人生を変える小さな習慣

Tag: Lightroom

Lightroom Mobileのカメラ機能で「撮影」→「同期」を一瞬で

先日、Lightroom 2.2 for iOS でフル解像度の写真の扱いができることを紹介しましたが(Androidはその前から可能)、その線でアプリを使い込んでいると、これまた最近搭載されたアプリ内の写真撮影機能がとても便利だということに気づきました。 iOS用のカメラのアプリは数多く存在するのですが、「撮影」→「調整」→「フォトストリームに保存」という手順を踏むケースが多く、私には少し手間がかかりすぎるように思えました(Apple の「写真」アプリで iCloud...

Lightroom 2.2 for iOS でフル解像度の出力が可能に

Adobe Lightroom for iOS に小さなアップデートがあり、フルサイズの画像の出力が可能になっています。Android では2月のアップデートで可能になっていたのですが、これがなにげに今活用しているワークフローの小さな障害を取り除いてくれて嬉しい限りです。 というのも、これでiPhoneで撮影した写真をそのままLightroomに送る、あるいはカメラ・Dropbox・Google...

Adobe Lightroom CCの境界線ワープ機能でトリミング無しのパノラマ画像を作る

左右に長い風景を、少しずつ重なりあわせながら、左、中央、右のショット。旅行先ではよくやりますよね。 この数枚の写真をつかってパノラマ画像を作ることは、Adobe Lightroom CCでは「写真」→「写真を結合」→「パノラマ」で即座にできます。 しかし、どうしても周囲に、つなぎあわせの際に生じる白い透明エリアが生じてしまいます。切り取りで処理してもいいのですが、ここで新機能の「境界線ワープ」(Bouundary Warp)機能を使うと、無駄が生じません。 複数画像を、パノラマに...

写真を撮るならLightroom CC。正統進化する新機能がじわじわと手放せない心地よさに

写真にそれほど詳しいわけではありませんが、写真を撮影することはとても好きです。 しかし写真に手間をかける人に比べれば、私のアプローチは「できるだけ手軽に」が軸になっています。さっと撮影して、気に入らないところを数分で修正して、手軽にブログなどで共有したい。あ、それに写真管理にも時間をかけたくありません。 Appleの「写真」アプリはそれには簡単すぎるというのもあって、現在では Lightroom におちついているのですが、その最新バージョン、Lightroom CC...

Lightroomから写真をブログに一発投稿するプラグイン「LR/Blog」

最近、すべての写真をクラウドにアップロードすると同時に、手元ではLightroomで管理しています。 Appleの「写真」アプリが登場していますが、やはり大量の写真を外部ストレージも含めて複数の場所で管理するのにはLightroomが便利ですし、円形フィルターなどの強力な編集機能をすばやく利用できるのが魅力です。 ところでこのLightroomで整形した写真をブログにアップロードする場合: 写真を選択 MacならShift+Command+Eでエキスポートを起動...

写真への修正をコピー&ペーストできるようになったLightroom mobile

Lightroomで写真を全て管理していますが、その強力な写真編集機能に対するありがたいパートナーが、iOS 上で利用できる Lightroom Mobile です。最近、Android版も登場していましたね。 Lightroom mobile は Lightroom のすべての機能を提供することを目的としてはいません。 むしろ、簡単な編集についてはタブレット、iPhone 上で行なうことでパソコンの前では難しい編集作業に時間を使えるような「近道」を作ることを目的にしています。...

いつでも、どこでもRAW編集の衝撃。Lightroom mobileで写真の楽しさを持ち出す

Creative Cloud というのは、ようするにこういうことだったのか!という発展がLightroomにありました。 RAW画像をiPadに持ち出して、いつでも編集することのできるアプリ、Lightroom mobileの登場です。 デジタルカメラの高性能化、ハードディスクの大容量化でRAWで撮影することが普通となりましたが、これだけ巨大なデータの存在は、写真管理という作業においては私たちをデスクトップのパソコンにしばりつけてしまうという側面があります。...

ブログを書いている人はわるいことをいわないので Photoshop / Lightroom キャンペーンを利用すると幸せになれるかも

最近、写真の管理にこれまで利用していたApertureからLightroom 5への移行を始めています。実際、新しい写真はLightoom 5のみで管理するようにしていて、いまはすでに存在する数万枚の写真の移行をしているところです(これについては後日)。 もともとApertureのUIが気に入っていたのに、あえてLighroom 5へと移行した理由は、ひとことでいうなら手軽に写真の美しさを一段階引き上げることが可能だからです。...

プロの写真家のワークフローをみるのが Photoshop / Lightroom の一番の近道かもしれない

最近お誘いをうけることが多いAdobeさんから、鎌倉にPhotoshopの伝道者がきてフォトウォークをするのでぜひどうぞ、というご案内をいただきました。鎌倉から車で20分の場所に住んでいるのですから、これはいかねばなりますまい。
その Photoshop の伝道者というのは、先日ソースコードが公開されてもはや歴史的な価値さえある Photoshop 1.0 時代から開発に携わり、かつその広報をおこなってきたラッセル・ブラウンさんです。

Lightroom か iPhoto/Aperture かという究極の選択へのヒント

このブログではサーバー費用などのコストをまかなうために広告を利用させていただいていますが、安定して毎月数千円が入るようになった頃、「ああ、これであのウェブサービスを安心して利用できる」と思ったことがあります。 きっと今なら、間違いなくそれは Creative Cloud になります。 もともと私の本業である科学研究の現場では専用のツールを使ってPostscriptの図を作るのが仕事で、それを装飾するのに...