ホーム書籍Page 2

カテゴリ書籍

書籍

「パラノイアだけが生き残る」:過去を通して未来を見通すために

あとから考えると、それがすべてを変えてしまった歴史の転換点というものが、私たちの一生でもいくつかあります。 しかしその転換点に直面しているときには、それはどのような風景に見えるのでしょうか? どのようにしてその全容を感じ、どのように対応すればいいのでしょうか?...

書籍

最後のライフハック本(2)「時間を味方につける」

現在執筆中の「最後のライフハック本」プロジェクト、第二章のテーマは「時間管理」です。 もっとも、この章を2章にするか、1章にするかはまだぎりぎりのところで決めていません。というのも、タスク管理と時間管理というものは同じコインの逆側のような関係になっているからです。...

書籍

「個人的な経験」を「価値あるコンテンツ」にするミニサイト術

個人ブログ界で私がひっくり返っても勝てないと常々思っているひとの1人、Wada-blogの和田亜希子さんが「ほったらかしでも月10万円! ミニサイトをつくって儲ける法」という本を出版されていて、その貴重な一冊を送ってくださいました。ありがとうございます!...

文具 書籍

「モレスキンのある素敵な毎日」で手帳とあらためて仲良くなる

ブログ「モレスキナリー」管理人であり、過去に「モレスキン『伝説のノート』活用術」と、「モレスキン 人生を入れる61の使い方」で共著者としてタッグをくんだ Yoko さんから、新しいモレスキンの本が登場しました。 タイトルは「モレスキンのある素敵な毎日」。Yokoさんにとっては初の単著、おめでとうございます!...

書籍

テクニックだけではないプレゼンの極意を伝える「TED Talks」

どちらかといえば退屈であったり緊張したりといった講演やプレゼンテーションを、興奮するエンターテイメントであり、ムーブメントに変えたのは、まぎれもなく TED です。 頭のなかではっとするアイデアがスパークし、知らなかった事実に目を開かされ、共感と感動にその場で立ち上がって拍手したくなる数多くの講演が TED...

書籍

500億のモノが語り出す未来を想像できる?「IoTビジネスモデル革命」で次の時代に備えよ

IoT (Internet of Things)、この掴みどころのないバズワードをきちんと理解しているかどうかで、やがてやってくる未来をどこまで想像できるかが変わります。 IoT 「モノのインターネット」というからには、パソコンやスマートフォンだけでなくて、家電などがインターネットにつながるということでしょう?...

書籍

梅棹忠夫の名著をアップデート。「知的生産の技術とセンス」が登場 #梅棹本

民俗学者、梅棹忠夫先生のベストセラー、「知的生産の技術」についてご存知のかたも多いと思います。 来るべき情報化社会を予見して、情報とのつきあいかた、すなわち「知的生産」がすべての人にとって重要になる時代にむけて書かれた本書は、出版から40年以上が経過した今も魅力を失いません。...