ホーム書籍

カテゴリ書籍

書籍

「個人的な経験」を「価値あるコンテンツ」にするミニサイト術

個人ブログ界で私がひっくり返っても勝てないと常々思っているひとの1人、Wada-blogの和田亜希子さんが「ほったらかしでも月10万円! ミニサイトをつくって儲ける法」という本を出版されていて、その貴重な一冊を送ってくださいました。ありがとうございます!...

文具 書籍

「モレスキンのある素敵な毎日」で手帳とあらためて仲良くなる

ブログ「モレスキナリー」管理人であり、過去に「モレスキン『伝説のノート』活用術」と、「モレスキン 人生を入れる61の使い方」で共著者としてタッグをくんだ Yoko さんから、新しいモレスキンの本が登場しました。 タイトルは「モレスキンのある素敵な毎日」。Yokoさんにとっては初の単著、おめでとうございます!...

書籍

テクニックだけではないプレゼンの極意を伝える「TED Talks」

どちらかといえば退屈であったり緊張したりといった講演やプレゼンテーションを、興奮するエンターテイメントであり、ムーブメントに変えたのは、まぎれもなく TED です。 頭のなかではっとするアイデアがスパークし、知らなかった事実に目を開かされ、共感と感動にその場で立ち上がって拍手したくなる数多くの講演が TED...

書籍

500億のモノが語り出す未来を想像できる?「IoTビジネスモデル革命」で次の時代に備えよ

IoT (Internet of Things)、この掴みどころのないバズワードをきちんと理解しているかどうかで、やがてやってくる未来をどこまで想像できるかが変わります。 IoT 「モノのインターネット」というからには、パソコンやスマートフォンだけでなくて、家電などがインターネットにつながるということでしょう?...

書籍

梅棹忠夫の名著をアップデート。「知的生産の技術とセンス」が登場 #梅棹本

民俗学者、梅棹忠夫先生のベストセラー、「知的生産の技術」についてご存知のかたも多いと思います。 来るべき情報化社会を予見して、情報とのつきあいかた、すなわち「知的生産」がすべての人にとって重要になる時代にむけて書かれた本書は、出版から40年以上が経過した今も魅力を失いません。...

書籍

まだまだ奥深いスキャンの可能性を網羅する「ScanSnapアイデアノート」

スキャンはコピーとは違います。 あたりまえのようですが、ここに少し発想の転換が必要なポイントがあります。コピー機は紙を与えれば紙がでてくる、というとても直感的な動作をしています。しかしスキャンは? 紙をスキャンするとデータになります。では、データはどう利用するのか?...

書籍

「ハマるしかけ」で「艦隊これくしょん」の中毒性を読み解く

ちょっと、いつもと違った趣向で書いてみましょう。ゲームの話、そう、去年からある方面ではたいへん話題の「艦隊これくしょん」です。 このゲーム、モバイル向けにはなっていませんし、ソーシャルゲームというわけでもありませんし、なぜ人気なのかは謎な部分もあります。...

書籍

月刊「群雛」に「ウェブ時代の書き手に必要な3つの『逆転』」を寄稿しました!

月刊「群雛」の6月号で「ウェブ時代の書き手に必要な3つの『逆転』」という題名で寄稿をしています。 「群雛」は鷹野凌さん率いる日本独立作家同盟というインディーズ作家たちの集まりが毎月刊行している月刊誌で、制作はすべてウェブ上、電子書籍オンリーという異色の雑誌です。...