人生を変える小さな習慣
400ページを何に使う? モレスキン・エクスパンデッドノートブックを買ってみた

400ページを何に使う? モレスキン・エクスパンデッドノートブックを買ってみた

かつてだと信じられない話ですが、モレスキン・ノートブックにはいまだとドット方眼のノートや、それと競合しないのかと心配になる「バレット・ノートブック」も新開発されていて、一時期に比べると柔軟な選択肢が増えました。

そこにさらに極端なノートとして登場しているのが400ページの「エクスパンデッド・ノートブック」です。デイリーダイヤリーを超える分厚さで、いったいなんのために使えばいいのか見ているだけで心が踊ります。

今回買ってみたのはドット方眼のエクスパンデッド・ノートブック。ソフトカバーではなく、硬派にハードカバーの方です。

ボールペンと並べてもこの分厚さ。さすがに開いて書こうとすると段差がすごいので、文庫本を2冊ほど使って一冊は表紙の下に段差に差し込み、もう一冊はページの下端まで筆が進んだ時に手首を乗せて書きやすくするといったことをしています。

400ページもありますので、栞紐も二本ついてます。まじめに最初から使っていってもよし、ノートを数カ所にわけてそれぞれの場所から書き始めるもよし。400ページもあれば、日記だけではなく、かなりの長さの原稿だって書けますよね。

ツイッターで検索していたところ、個人的な辞書にするというひともいれば、デイリーダイヤリーでは書ききれなかった日記に使うというひともいました。

私はちょうど、少し難しい本を読んでいたこともあって読書のノートのためにページを使い始めてみました。そのあたりはまた次回。

覚悟をもってつかいたくなるページ数と値段ですが、ひょっとするとここまで「ノート」というカタチを超えてくるからこそ使うシーンもあるかもしれません。LOFTや東急ハンズといったお店で現物も確認できますので、ぜひ手にとってみてください。

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳