ホームガジェットシモーヌ・イエッツさんの「Every Day Calendar」に出資しようかどうしようか
ガジェット

シモーヌ・イエッツさんの「Every Day Calendar」に出資しようかどうしようか


シモーヌ・イエッツさんをご存知でしょうか?

彼女はYouTube上で馬鹿らしいほどに役に立たない(あるいは迷惑なほどに役に立ちすぎる)ユーモアあふれるロボット「Silly Robots」を制作することで知られている、有名ユーチューバーです。

どれほど可笑しいロボットかというとたとえばこちらが、物理的に目覚めさせてくれるロボットという例。

あるいはロボットのやる気だけは大いに評価したい「朝食のシリアルを作るロボット」の例。

だいたいにおいて、このようなロボットばかりを制作しています(笑)。

そんな、いわゆるギークでユーモアあふれる工作が大好きな彼女が、初めて実際に製品として販売することを念頭に開発したEvery Day CalendarというガジェットがKickstarterで出資募集を開始しています。

365.gif

このカレンダーは1列がそれぞれ1ヶ月になっており、習慣化のために毎日続けたい行動を、その日付を押すことでトラッキングできるという仕組みになっています。

プリント回路基板上に作られた365個のライトがそれぞれ一日一日を表現しており、電源が失われたとしてもメモリに最後の状態を保持しておいてなくすことがない仕組みになっています。複数の習慣や、習慣トラッキング以外の情報には利用できませんので、なかなかに場所をとるのですが、こういうデバイスありそうでなかったですよね。

いまみたところ、プロジェクトはすでに100%ファンディングに成功しており、早期割引のEvery Day Calendar はすでに売り切れになっていました。早い!

実は今年、良性とはいえ脳腫瘍の大手術から戻ってきたばかりのシモーヌのために、ファンが支援に殺到している様子もなんとなくみえてきて微笑ましい限りです。

このシンプルなデザインと機能のカレンダー、私もほしいのですが置き場所が…。どうしよう。どうしましょう。

こちらがEvery Day Calendarを紹介するシモーヌさん。ぜひみなさんも壁に掛ける場所があるようなら検討してみてください。

追記

まあ、ここまで悩むと買っちゃいますよね。来年いっぱいは開発にかかるそうですので、気長に待つとします。

skitched-20181024-023247.jpg

(新刊案内)

好評だった「ライフハック大全」に続く新刊「知的生活の設計」が11月24日に発売されます。

本を読むことであれ、映画を見ることであれ、趣味を追求することであれ、現代はすべてが情報とのふれあいです。そうした日常の楽しみを10年先まで活かせる「知的な蓄積」に変える生き方、「知的生活」をどのように設計するかが、今回のテーマです。

今日の行動を10年先につなげる、現代の「生存戦略」の本として活用いただけると自負しています。ぜひご予約いただければ幸いです。

知的生活の設計―――「10年後の自分」を支える83の戦略

著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。