ホームアプリ単語をコピーするだけで意味を表示してくれるアプリ、Lingueeが英語サイトを読む際に便利
アプリ

単語をコピーするだけで意味を表示してくれるアプリ、Lingueeが英語サイトを読む際に便利


iPadを使いKindleで洋書を読んでいる際は、単語をタップするだけで下部に意味が表示されますが、窓が少し小さいこともあってあまり使いやすいとはいえません。

また、Safariなどで英語サイトを読んでいる際には単語をタップすると表示される「調べる」という欄から単語の意味を調べますが、いちいち新しいウィンドウが開いてしまいますのでタップの回数が多いのが面倒です。

そこで知ったのが、このLingueeというアプリを利用する方法で、この辞書アプリは単語をコピーするたびにそれを自動的に検知して意味を表示してくれる仕組みになっています。これをスプリットビューで利用すると、単語をコピーするだけでどんどんと意味を調べることができます。

2018-05-01 00_46_35.gif

タップにして一回、二回の節約なのですが、読んでいるときの意識への中断がとても短いのでこれは使えます。

もう一つ、macOS側でHandoff機能を利用してiOSデバイスとの間でコピーした内容を共有しているならば、やはりMac側でコピーしたテキストが、リアルタイムにiPad側で意味が表示されます。

技術的にいうと、これはクリップボードの内容が変更された際に発せられるUIPastedboardChangedNotificationを監視していて、それにあわせてアプリが更新しているようです。このノーティフィケーションはアプリがフォアグラウンドにないと検知できませんので、iPad でもアプリを前面にしておくか、Split View で表示させておく必要があります。

Linguee自体もオフラインで利用できる、用例集つきのなかなかよい辞書なので、この読書態勢はなかなか使えそうです。洋書にチャレンジしているひと、英文のドキュメントを読むことが多い人はぜひ活用してみてください。

 

 

(新刊案内)

好評だった「ライフハック大全」に続く新刊「知的生活の設計」が11月24日に発売されます。

本を読むことであれ、映画を見ることであれ、趣味を追求することであれ、現代はすべてが情報とのふれあいです。そうした日常の楽しみを10年先まで活かせる「知的な蓄積」に変える生き方、「知的生活」をどのように設計するかが、今回のテーマです。

今日の行動を10年先につなげる、現代の「生存戦略」の本として活用いただけると自負しています。ぜひご予約いただければ幸いです。

知的生活の設計―――「10年後の自分」を支える83の戦略

著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。