人生を変える小さな習慣
アイデアとは魚のように捕らえるものである。デヴィッド・リンチ監督のアイデアの源

アイデアとは魚のように捕らえるものである。デヴィッド・リンチ監督のアイデアの源

よいアイデアを思いつきたい。そう思う人にとって、芸術家や映画監督がどのようにインスピレーションを得るのかは一つの参考になります。ましてや、それが「カルトの帝王」デヴィッド・リンチともなればなおさらです。

2008年に、Atlantic紙がデヴィッド・リンチ氏に対してインタビューを行った際に、「どのようにアイデアを思いつくのか」という一部分がありました。そして先週、これに不思議なアニメーションをつけた動画が公開されています。

魚のように捕まえる

「アイデアは魚のようだ。そしてあなたがアイデアを得たいと願うこと、それは餌を針につけて魚を捕まえる所に似ている」とデヴィッド・リンチ氏は語ります。

「私はよく自分の映画について、別の部屋に誰かがいて、すでに完成している映画を細切れにして送ってきているところを想像する。一つ一つ、最初はつながりがわからない。でもずっと続けているうちに、おさまるところにすべてがおさまるのだ」

「よいアイデアなんてものはない、捕まえたものだけが、アイデアなのだ」

「多くのアーティストが、創造をするために苦しまなければならないと思っている。しかし実際には、苦しみは創造性を殺してしまうのだ」

「何千億というアイデアがある。そしてそれは捕まえられることを待っているのだ」

あたりまえのコメントのように見えますが、アイデアは無限にあって、捕まえられることを待っているというイメージそのものに、私は秘密があるように思います。

よいアイデアを探しているだけでは、世界は可能性の少ない砂漠のようにみえるかもしれません。しかし、使えるアイデアと、使えないものがあるだけで、使えるものを見つけるまでずっと捕まえ続けること、そしてそれだけの豊かさが精神の世界にはあるのだと信じることには、クリエイティビティを前向きに刺激する効果がありそうです。

みたものを魅了する不思議な動画は以下からどうぞ。ちょっと、世界をより深みのある場所として認識する助けになるかもしれません。

David Lynch on Where Great Ideas Come From from The Atlantic on Vimeo.

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳