あなたのモチベーションは内側から?外側から? 6種の「やる気」を描いたコミックが現実的

日曜日ですから、すこし柔らかい話題を。

Incidental Comicsというイラストブログを更新しているGrant Sniderさんから、モチベーションについてその6種類を描き出すコミックが登場しています。

あなたはいまどのタイプのモチベーションで前に向かっていますか?

motivation

それぞれの翻訳はだいたいこの通りです。

  1. 内的:「これを終えるのはきっととても気持ち良いことだろう」

  2. 外的:「ファンはこれを完成させることを望んでいる!」

  3. 友愛的な: 「これに終わらせる価値があると思うかい?」と友人に相談している

  4. 夜的: 「終わるまでは眠ってはいけない!」

  5. 地獄的: 「これを終えるまでは、人生は地獄だ」

  6. エターナルな: 「完成だ! 僕の作品は永遠に生き続ける」

この一つ一つが、"-nal” で終わっているので、最後のふたつはそれに対する駄洒落という形もとっています。

今わたしは Nocturnal で、この最後の一行を書くまでは眠れません。でも最もよいモチベーションは、内的と、外的の間にあるのでしょう。

そのモチベーションの先に、永遠なるものがありますように。

堀 E. 正岳(Masatake E. Hori)
2011年アルファブロガー・アワード受賞。ScanSnapアンバサダー。ブログLifehacking.jp管理人。著書に「ライフハック大全」「知的生活の設計」「リストの魔法」(KADOKAWA)など多数。理学博士。