人生を変える小さな習慣
Feedbinでスターした記事をPocketへ送る方法とそのメリット

Feedbinでスターした記事をPocketへ送る方法とそのメリット

Feedbin1

Google Reader なきあと、RSS リーダーは Feedly が最も有名になりましたが、小気味よく使える Feedbin も便利で手放せません。

実際、これまで構築してきた RSS フィードの一覧は Feedly にまかせ、Feedbin には日々出会った新しい情報ソースをどんどんと追加してゆき、「一軍ソース」を探すという役割に使い分けています。

ただし、ふだん Feedly でそうしているように、IFTTT のレシピを通して Feedbin についても「スターをつけた記事はPocketへ送信」ということができればよいのですが、残念ながら今のところ Feedbin は IFTTT に対応していません。

そこでちょっと迂回路を作っておく必要がありました。あまりここまでやっているという人はいないと思いますが、参考までにまとめておきます。

1. Feedbin でスターをつけた記事のフィードを取得

FeedbinのSettingsにいくと、スターをつけた記事についてフィードを発行するオプションがあります。こちらにチェックを入れます。

Feedbin2

これで、Reederなどといった他のアプリ経由であれ、スターをつけた記事はこのフィードに登場することになります。このオプションの存在を知っていればあとは簡単です。

2. このフィードを IFTTTへ

あとはこのフィードを IFTTT で読み込ませ、Pocketに送信するレシピをつくるだけです。

Feedbin3

つかうのは「もし、任意のRSSフィードが更新されたなら」というトリガーで、それをPocketで受信します。

Ifttt

とてもありがたいのは、この際に Pocket のタグを任意に付けることができるという点です。Feedbin から飛ばす記事は Feedly とはわけて読みたい場合があるので、そのためのタグをつけておけば、情報を分流させるのはタグに対するタップ一つでできます。

もう少し整備が進んだら、この Feedly と Feedbin の二つの流れを同時に使うメリットについてもご紹介したいと思います。

Feedbinは有料ですがそれほど高くありませんし、スピードもなかなかのものですから、Feedlyでは飽き足らないという人はチェックしてみてください。

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳