スタイリッシュなToDoアプリClear に Mac版登場。iCloud に対応して頭のすみずみまでを「外」に出す

Clear mac スタイリッシュで使っていて気持ちのいいToDoアプリ Clear に Mac 版が登場して、iCloudでタスクをiPhone側と同期できるようになりました。

直感的な操作はそのままにiPhooneとも同期できるようになったおかげで、つまらないけれども書きだしておかないことには気持ち悪い細々としたタスクを預ける場所が生まれました。### Clear for Mac

Clear for Macの外観はiPhoneアプリにそっくりです。操作性もある程度似せてあります。

Clear

リストを下にドラッグするとタスクが追加されたり、ピンチ動作でリスト・メニューの階層に移動する動作はそのままです。

Clear 2

タスクとタスクの間に追加する場合の動作はピンチアウトではなくて、あいだをタップになっています。また、トラックパッドでに2本指スワイプでタスクを消せます。

しかし Clear for Macの良い点はむしろこうしたジェスチャー的な操作性よりも、むしろキーボードのみでたいていの操作ができる点です。

カーソル上下でタスクを選択、スペースで完了・未完了をトグル、ESCでメニューなどの階層へと移動といったことができます。

欠点として、ENTERキーをタスク入力完了として受け付けてしまいますので、日本語を変換の確定をするときなどに誤ってタスクの入力を終了してしまってイライラするケースが多い点です。これは現状、慣れるよりしかたないですが開発元にも一応連絡しておこうかと思います。

Clear の iCloud対応

今回のアップデートの大きな目玉は、iCloudでタスクが同期する点です。iCloud設定をオンにするだけで、何もユーザーは設定せずとも複数のToDoリストとタスクがすべて同期されます。

単純ですが、これはメモ帳を常に持ち歩かなくても、タスクが行く先々についてくることを意味しています。ユーザーはリストを持ち歩くことを意識せずに、ただ頭の隅々までそこに書きだしておけばいいだけというわけです。

Clearは期限を設定したり、複雑なプロジェクトを作成したりといったことはできませんので、日常のタスクの書き付けに向いているといえるでしょう。

外へ、外へ、外に書き出せ!

ユビキタス・キャプチャーにせよ、Evernoteにせよ、このブログで書いてきたことの多くはいかに「頭の外」に物事を追いやってしまうかということです。

なぜ追い出すべきかという理由とツールが結びついたところに必ず人生を豊かにしたり、心を落ち着かせたりする何かがあることを繰り返し発見してきました。

「アイデアや考え」を外に出せばそれはユビキタス・キャプチャーであり、ツールはモレスキンやブログです。「気持ち」を外に出せばそれはマインドフルネスにつながる心理的なダイエットです。そして「やるべきこと」を外に追いやるなら、それはToDoリストです。

ToDoリストは高機能である必要はまったくありません。でも、リストを持ち歩いたり、いつでも引き出せるようにしておくための仕組みに慣れ親しむことができれば、余計な時間を失わずに住みます。持ち歩くこと、リストをコピーすること、そういった雑事はToDoの摩擦抵抗なのです。

だからClearのように紙に近いシンプルさをもったアプリがiCloudのようなデータを無意識に運び出す仕組みと結びついた時、とても便利な世界がまっているのです。

[Clear App

](http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=LpcSzS8dBJw&subid=0&offerid=94348.1&type=10&tmpid=3910&RD_PARM0=https%3A%2F%2Fitunes.apple.com%2Fjp%2Fapp%2Fclear%2Fid493136154%3Fmt%3D8%2526uo%3D4&RD_PARM1=https%3A%2F%2Fitunes.apple.com%2Fjp%2Fapp%2Fclear%2Fid493136154%3Fmt%3D8%2526uo%3D4)カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥170

堀 E. 正岳(Masatake E. Hori)
2011年アルファブロガー・アワード受賞。ScanSnapアンバサダー。ブログLifehacking.jp管理人。著書に「ライフハック大全」「知的生活の設計」「リストの魔法」(KADOKAWA)など多数。理学博士。