人生を変える小さな習慣
「読んでいたのはここ!」とピンポイントで指さしてくれるしおり

「読んでいたのはここ!」とピンポイントで指さしてくれるしおり

ちょっとくすっと笑ってしまったので反射的に記事にしてみます。

読んでいた場所を覚えておくために本によく本にしおりを挟むと思いますが、しおりはせいぜい見開き2ページの正確さでしか中断したばしょを教えてくれません。実際に読むのをやめた場所を知るには多少ページを眺める必要があります。

25togoによるこのしおりなら、その必要はありません。シリコン製のこのしおりは本の任意の場所に止め、指を差している場所を変えることで読み進んだ場所をぴたっと指し示します。

Shiori2

でも実際のところ、本を読む際は前後数行くらいは目で追って再度頭に内容をよみがえらせることをするものですから、無意味な気もするのですが発想が面白い(笑)

一部が二重化しているのは場所がずれないようにする工夫みたいですね。三色で作られていて、実際に購入できるそうです。話の種にいいのかも?

Shiori3

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳