人生を変える小さな習慣
あの高機能ツイッターアプリTweetbotにiPad版が登場

あの高機能ツイッターアプリTweetbotにiPad版が登場

IMG_0163

iPhone で愛用しているツイッターアプリ、Tweetbotに iPad 版が登場しました。

Tweetbotを印象づけるのはバランスのよいUIと操作性、そしてライムラインをリスト・検索項目単位で切り替える設計です。

フォローしている話題が多い場合、TweetdeckやHootsuiteのようなマルチカラムのツイッターアプリを使うのもいいのですが、会話を楽しんでいる際などはリスト単位でストリームが眺められたほうがどこか安心できます。

公式ツイッターアプリはこの点、リストをストリームとして扱っていないような設計をしていて、利用を控えてしまいがちです。Tweetbotはこの帯に短し襷に長しな状況をばらんすよく解決してくれるので気に入っています。IMG_0165

こちらがそのタイムライン選択画面。左上のボタンで次々に切り替えていけます。

IMG_0164

Tweetbotを使うなら、その独自の操作性も使いこなしたいところ。一つ一つのつぶやきを右にスワイプすると会話が表示され、左にスワイプすると直近の返信が見えるので会話を直感的に追えます。

また、つぶやきをダブルタップで詳細を表示し、長押しで機能を呼び出し、トリプルタップにはユーザーが機能を割り当てることができます。

速度も問題なく、ツイッターを楽しむにはこのTweetbotが役に立ってくれそうです。一方、短時間に多くの情報を追いかけようとする場合はTweetbotのようなマルチカラムのツイッターアプリと使いわけるのでもいいでしょう。

iPad版Tweetbotは250円で、ダウンロードすることが可能です。

Tweetbot ― 個性派Twitterクライアント (for iPad) App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥250

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳