人生を変える小さな習慣
「iPhone習慣術」「理系のためのクラウド知的生産術」増刷決定!ありがとうございます

「iPhone習慣術」「理系のためのクラウド知的生産術」増刷決定!ありがとうございます

2book

しばらく前に連絡をいただいたのですが、こちらでは報告まだでした。

先月出版した佐々木正悟さんとの共著、「iPhone習慣術」が再増刷、3刷になり、先日出しました「理系のためのクラウド知的生産術」が「理系のための」と限定的なタイトルにもかかわらず発刊以来好調で増刷が決まりました! 手にとってくださったみなさん、ありがとうございました!

iPhone習慣術に助けられたのは何より自分自身

1月からいろいろと多忙な状態が続いていますが、それでもなんとかブログを休まずに続けられているのが、今年意識するようにしている「メトリック = 指標を意識する」という習慣のおかげです。

たとえば作業にかかる時間で仕事量を測るのではなく、最終的に書かれた文字数、投稿した記事の数、進んだ論文の段落数といった形ではかるようにすると、それを満たすための行動をとるようになります。

「iPhone習慣術」でしつこいくらいに「数を数える」話がでてくるのが実はここにつながっていて、結果につながるデータをとることがもつ意味については本書を書くうちに気付かされました。

このあたり、iPhoneに限らない形でもうちょっと別の本にして掘り下げられたらいいのかもしれませんね。

「理系」のために限らないクラウド知的生産術

こちらの本はクラウドを用いた基礎的な時間節約術の本で、詳しい方にはお叱りをうけてしまうのではないかと正直緊張してましたが、たいへん暖かいコメントをいただいていてほっとひと安心しています。

みんな優しすぎます…。しかも「情報考学」の橋本大也さんに「このブログと内容的に相性がいい」とまで言っていただき珍しく舞い上がっています。

次の本は…

さて、ここ数ヶ月の調子でいくと、このエントリの最後で「実は新刊が…」と書いている頃ですが、いまは何もありません(笑)。きれいさっぱり執筆プロジェクトを終わらせて、次に向けてエネルギーをためているところです。

これまでは本を書かせていただけること自体がたいへんありがたい話でしたが、こうして数が多くなってくると、執筆、出版自体が一つのルーチンになりかねない危険性もはらんでいます。

次の仕事が、手にとってくださる人のために価値あるものとするためにも、今年はちょっとペースを落とし気味にいきたいと思います。

でもちょっと仕込んでいることなどもありますので、早く公開できる日が来るのが待ち遠しいです。ひとまずは御礼まで。

Happy Lifehacking!

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳