人生を変える小さな習慣
1Password からブラウザに1クリックでログイン出来るブックマークをつくる

1Password からブラウザに1クリックでログイン出来るブックマークをつくる

1pass

Mac OS X の、そしていまでは Windows 版も存在するパスワード管理アプリ1Password を使って長いですが、このテクニックは知りませんでした。

それぞれのパスワードにはどのサイトでそれが作成されたかという URL 情報が含まれていますが、このパスワードをブラウザのブックマークバーにドラッグすると、1クリックでログインできるリンクを作ることができます。

ブラウザに作られたリンクをクリックするとURL情報からそのサイトに移動して、自動的にログインしてくれるところまでおこなわれます。いつもログアウトするようにしているサイトがある人には便利な近道になりますね。

自動ログインは 1Password の自動送信がオンになっている場合に行われます。また、最近マスターパスワードを入力していなかったときは入力が求められますが、その後は1クリックでログインができます。便利!

使ってますか? 1Password のスマートフォルダ

ところで1Password は便利すぎるので紹介したい機能が多いのですが、なかでも重宝しているのがスマートフォルダ機能です。

すでに 1Password で管理しているパスワードは数百にのぼっていますが、中にはとても古いものや、作成したときに時間がなくてパスワードの強度が弱いまま放置しているものもあります。

それらを簡単に探し出すことができるのが1Password のスマートフォルダで更新日やパスワード強度で一覧表を作ることができます。

スマートフォルダの条件には「パスワード is like」という条件も存在して、自分が入力しがちなパスワードをここに入力すればパスワードが重複しているサービスを洗い出すことも可能です。

1pass2

パスワードを一度に変更してゆくのは面倒ですが、一日に数個ずつ、少しずつスマートフォルダのなかの古いパスワードを更新したり、弱いパスワードを変更していけばそれほど苦になりません。

最近は Twitter や Facebook のアカウントでログインできるサイトも多くなりましたが、だからこそ大元のパスワードは強固にして、すべて別のものにしておきたいところですね。

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳