メニューバーにテキストを格納するScrawl [Mac]

Scrawl

ふだんはプログラミングの真似事が仕事の中心になっているのですが、ちょっとしたテキストを保存しておいて、次々と引き出したいというニーズがけっこうあります。

EvernoteのChrome拡張でも良いのですが、そこには何でも入れてあるので探し当てるまでに時間がかかることがあります。むしろ、普段使いの小さなテキストを入れておくための引き出しがあると楽だというわけです。

そこで利用できそうなのが本家 Lifehacker で紹介されていた、メニューバーにテキストを格納できるScrawlというアプリです。

Scrawlの特徴はその軽量さと、iCloudを使った同期機能です。Scrawl2

使い方は簡単で、「+」ボタンで新しいノートを作成して、自由にテキストをはりつけます。あとは検索窓で絞込み検索を行えば目当てのテキストが見つかります。この検索のおかげでいくつでもテキストを入れられそうです。日本語もちゃんと検索できます。

Scrawl のノートは iCloud で同期されますので複数端末間で同じテキストを参照できますし、近日中に iOS 版も登場するとのことです。

プログラムのスニペット、住所などの忘れやすい情報などいろいろ雑多に入れておいて検索で引き出す使い方ですが、びびっときた人はどうぞ試してみてください。

[Scrawl App

](http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=LpcSzS8dBJw&subid=0&offerid=94348.1&type=10&tmpid=3910&RD_PARM0=http%3A%2F%2Fitunes.apple.com%2Fjp%2Fapp%2Fscrawl%2Fid480126603%3Fmt%3D12%2526uo%3D4&RD_PARM1=http%3A%2F%2Fitunes.apple.com%2Fjp%2Fapp%2Fscrawl%2Fid480126603%3Fmt%3D12%2526uo%3D4)カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥170

堀 E. 正岳(Masatake E. Hori)
2011年アルファブロガー・アワード受賞。ScanSnapアンバサダー。ブログLifehacking.jp管理人。著書に「ライフハック大全」「知的生活の設計」「リストの魔法」(KADOKAWA)など多数。理学博士。