人生を変える小さな習慣
FaceTimeで離れた場所の捜し物を

FaceTimeで離れた場所の捜し物を

Iphone4

そういうわけで、この数日は葬儀の準備やその他で忙しく走り回っていたのですが、困ったのが喪服の準備などでした。

喪服や、その他の小物は横浜の自宅にあるのに、家内は別の場所にいてそれを探すわけにはいかない。置き場所も彼女しか知らない。自宅に取りにいけるのは自分だけ。

今回、このパズル状態をうまい具合に解いてくれたのが iPhone間のビデオ通話、FaceTime でした。

  • 見つけなければいけないアイテムのリストをもって私が自宅へ、家内は実家で待機
  • 自宅についたら「こちらスネーク」とFaceTimeを家内にかけて、自宅を探索する様子を家内に送信
  • 家内は遠隔からそれをみて、「その上」「その奥」といったように指示をする

今回は自宅と実家のWiFiをつなぎましたが、WiFiルータを使えば移動しながらでも使える手かもしれませんね。

FaceTimeがあって本当に良かったと思った例として、メモ的に記事にしておきました。

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳