人生を変える小さな習慣
Evernote Clearly が埋める日常の情報フローの「継ぎ目」

Evernote Clearly が埋める日常の情報フローの「継ぎ目」

Evernote clearly

ウェブページを読む際に、広告やよけいな部分をそぎ落として本文だけをじっくりと読みたい。そんなニーズに対応する機能は Safari にもありましたし、Instapaper のようなツールがそれを可能にもしてくれていました。

しかし案外なかったのが、「スタイルを除去したページを読んでから次のアクションにつなげる」というソリューションです。

Evernote から発表された Chrome 拡張機能、Evernote Clearly はまさにそうしたウェブの「閲覧」と「共有」の継ぎ目をぴたっと埋めてくれるサービスです。

これが便利なだけでなく、Evernoteの戦略も見えてくる拡張機能です。

Evernote Clearly はブラウザの「ワイパー」

Evernote Clearly拡張機能 を Chrome にインストールし、ごちゃごちゃとしたウェブページ上で Clearly アイコンを押すと、ワイパーでスクリーン上の気になる部分が一掃されてコンテンツがクリアーに見えるようになります。ちょっと小気味がいいほどです。

もちろん、Clearly の中から、Evernote にクリッピングすることも可能です。

Clearly clip

Clearly の見た目やフォントの大きさも変更可能です。

Clearly views

Clearly は複数ページのウェブサイトを1つのページにしてくれる機能もありますので、これまでのように複数のページを個別のノートにしてからマージする、しかもマージの順番を正しくするためにあとのページからクリップするといったことをしなくてもよくなります。

Evernote Clearly の狙い

これは完全に私の推測でしかないのですが、Evernote Clearly には便利さというだけでなく、Instapaper のようなツールに流れていたクリックを Evernote にもってくる狙いもあるように思えます。図にするとこんな感じです。

3layers

ブラウザというインプットの層があったとき、これまで Instapaper に流れていたフローがあったのですが、Evernote Clearly によってこれを代替することも可能なのです。

しかも Instapaper だと本当に「あとで読む」ことになりますが、すぐにシンプルな体裁で読んでブログにするか共有するか判断したいという人には、Clearly の方が便利というわけですね。

Instapaperにどうもなじめないという人は、Clearly で「見つける」「読む」「共有する」の3層を作ってみてはいかがでしょうか。

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳