時間トラッキングアプリの大本命、Timenoteが登場

Timenote

生活習慣を整えるにはまず時間管理からですが、そもそも自分がどのアクティビティにどれだけの時間をつかっているのか把握できなければ、改善の手をつけることもできません。

この手の時間トラッキングサービスはデスクトップには たくさん あり ますが、いつも手にしている iOS デバイスで記録できるとさらに便利です。

そこで最近使っていて「マニアックだ!」とうならされたのが情熱とスキルと市場@ishida さんが開発されたTimenoteです。### 1タップで記録開始

Timenoteは非常に考えぬかれてつくられたアプリです。複雑な時間トラッキングを可能にしていますが、基本的にユーザーが行うのは、1タップで「何をしているか」を選ぶという操作だけです。

この1タップだけで、アクティビティのログが記録され始め、バックグラウンドで進行します。アプリで時間管理をする場合には、誤操作などで記録をとるのが遅れてしまうことがありますが、Timenoteには開始時間を「直前のログにあわせる」という機能がありますので、こうしたアプリをつかっているときに気になってしまう「1分も録りそこねがあると気になる!」という場合の修正も一瞬です。

Timenote1

きめこまかい目標設定

記録された時間のスライスは、サマリーで一覧表示にしてみることができます。ここで、あらかじめ設定されたカテゴリごとの目標に対してどの程度の差があるか、達成度はどの程度かといった数値とともに、時間の使い方がグラフ表示されます。

この目標設定が Timenote の素晴らしい点で、たとえば:

  • 雑用を30日あたり20時間以下に抑えたい

  • ブログにかかる時間を1日1時間に抑えたい

  • 読書のための時間をせめて全体の 5% 以上にしたい

といった目安を自在に決めることができます。30日あたりで設定された数値はただちに「1日あたり」「365日あたり」と「割合」に変換されますので目標設定が現実的かもモニターできます。

Timenote2

最終的なトラッキングの結果は日別・月別・年別のレポートにまとめることができます。特に楽しいのがカテゴリごとの目標ラインへの到達グラフです。

読書や学習など、毎日できないことでも「平均してある目標を超えていればよい」という考え方をしている人には非常に心強いです。

Timenote3

これ以外にも、アプリとしての作り込みができていますので、「ここをタップしたらこう動くかな?」と思う場所がたいていその通りに動いてくれます。

一つだけ心配な点があるとすれば、これだけ重要な情報を iOS で記録していてエキスポートする方法がいまのところ存在しない点です。Timenoteの外にこのデータを持ち出す方法と、バックアップをとる方法があれば完璧だと思いますが、これは今後開発されてゆくのではないかと期待しています。

時間がどこに消えたと思っている人におすすめです!

[Timenote App

](http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=LpcSzS8dBJw&subid=0&offerid=94348.1&type=10&tmpid=3910&RD_PARM1=http%3A%2F%2Fitunes.apple.com%2Fjp%2Fapp%2Ftimenote%2Fid439176506%3Fmt%3D8%2526uo%3D4)カテゴリ: ビジネス

価格: ¥115

堀 E. 正岳(Masatake E. Hori)
2011年アルファブロガー・アワード受賞。ScanSnapアンバサダー。ブログLifehacking.jp管理人。著書に「ライフハック大全」「知的生活の設計」「リストの魔法」(KADOKAWA)など多数。理学博士。