人生を変える小さな習慣
デジタルペンLivescribeがEvernoteやGoogle Docsに対応

デジタルペンLivescribeがEvernoteやGoogle Docsに対応

Livescribe

手書きメモを瞬時にデジタル化するデジタルペンといえば、紙の上に受信機をおいて、ペンからの入力を記録させて、といった曲芸をしなければいけないものを思い出すと思いますが、Livescribeは違います。

専用の紙のうえで「録音」ボタン(紙の上にボタンが!)をタップすると、手書きのメモが受信機なしでペンにそのまま記録され、しかも周囲の音声まで録音してくれます。受信機がいらないということは、ノートを開いて瞬時に記録を開始できるということでもありますし、姿勢を自由にしていてもよいということです。百聞は一見に如かずですので動画で御覧ください。

秘密はこのノートの上にあります。Livescribeはどんな紙のうえでも利用できるというわけではなく、専用の紙を利用する必要があります。この紙の上の微細な模様をペンの先のセンサーが感じ取ってペンの走っている方向を記録するわけです。

LivescribeからGoogle Docs、Evernoteへ

このLivescribeに、ついにGoogle DocsやEvernoteへのデータの送信を楽にする Livescribe Connect機能が追加されました。データの送信なんて、ペンと母艦のパソコンをつないでから手動でできると思ったら、Livescribeは一歩先をいっています。

手書きのメモをとっている最中に、左右に線を引き、「Evernote」「Google Docs」といったように送信先を手書きすると、次回の同期時に自動で送信が行われる仕組みになっています。

Livescribe evernote

こんな感じに書いておくだけで!

専用の紙でないとかけない、最終的にはケーブルで同期させないといけないなど、まだまだ制限は多いものの、デジタルペンが一歩進化して紙がアプリケーションとして利用できるようになったところがわくわくします。

Livescribeは英語のみ対応で、まだ日本では手に入りにくいようですが、チャンスがあったらぜひ使ってみたいですね。

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:


Notice: Undefined index: proxy in /home/c0113921/public_html/lifehacking.jp/wp-content/plugins/feedzy-rss-feeds/includes/admin/feedzy-rss-feeds-admin.php on line 480
著者
堀 正岳