ホームa-未登録音声であらゆるウェブサービスに情報を追加できる Dial2Do
a-未登録

音声であらゆるウェブサービスに情報を追加できる Dial2Do


logo_trans250.png

これは久しぶりに驚くサービスでした。Dial2Do は電話をかけ、音声でリマインダを追加したり、メールを送信したりといったアクションをとることができます。

音声と聞くと、「でもそうはいっても、機能が限られているんでしょう?」と思われる方が多いかもしれませんが、Dial2Do は別格です。

単純なリマインダ、テキストメッセージ、メールを音声で加えることができるのに加え、ツイッターへの投稿、FriendFeed への投稿、Xpencer 会計ソフトに追加、ローカルの天気情報へのアクセス、Evernote への追加、Remember The Milk へのタスクの追加と確認、Toodledo へのタスクの追加と確認、TypePad/Wordpress/Livejournal/tumblr/Blogger のブログへの投稿、Lifehacker や Mashable! を含む著名ブログのフィードを音声で読み上げと、これでもかといった機能に音声でアクセスすることができるのです。

「こうしたサービスは便利そうだけど日本ではまだ利用できない」ということが多いのですが、Dial2Do はすでに日本の電話番号でサービスを開いており、すぐに利用することが可能です。

操作方法

利用の仕方は簡単で、Dial2Do に登録し、その電話番号にかけ、英語でコマンドを入力するだけです。

dial2do-services.gif

たとえばリマインダを設定したい場合、 “reminder” とコマンドを入力し、その後リマインダを読み上げます。英語でリマインダを加えたなら、その内容がテキストに変換された上でメールされます(きっとど半分人力でおこなわれているのではないかと思います)。

リマインダだけなら無料ですが、残りのすべてのサービスを利用する場合は月額 $4 の料金がかかります。うーん、でもきっとこの電話番号への電話代金のほうがずっと高くつきそうですね…。

(新刊案内)

好評だった「ライフハック大全」に続く新刊「知的生活の設計」が11月24日に発売されます。

本を読むことであれ、映画を見ることであれ、趣味を追求することであれ、現代はすべてが情報とのふれあいです。そうした日常の楽しみを10年先まで活かせる「知的な蓄積」に変える生き方、「知的生活」をどのように設計するかが、今回のテーマです。

今日の行動を10年先につなげる、現代の「生存戦略」の本として活用いただけると自負しています。ぜひご予約いただければ幸いです。

知的生活の設計―――「10年後の自分」を支える83の戦略

著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。