人生を変える小さな習慣
ScanSnap から直接 Evernote へ読み込み

ScanSnap から直接 Evernote へ読み込み

scansnap-evernote

ペーパーレス・オフィスを目指す人の必需品といっていい ScanSnap ですが、スキャンしたファイルが散らばって今度はハードディスクに 20090511180045.pdf といった ファイルが散在していませんか?

そういえば年度末に ScanSnap S1500 を買って、それを Evernote と連携させる設定をしていませんでしたので、Evernote Blog のこちらの記事を参考にやってみました。

  1. Windows だったらシステムトレイから、Mac OS X なら Dock から Evernote ScanSnap の環境設定を呼び出します。
  2. アプリ選択のタブから、「追加と削除」を選び、Evernote を追加
  3. おわり

たったこれだけです。設定後は、スキャンボタンを押すだけで結果が Evernote に自動で読み込まれるようになりますので、もう数字だらけのファイルが散らばったりしません。

Evernote の回し者でも、PLUS や 富士通の回し者でもありませんが、ScanSnapPLUS の 断裁機 PK-513 と Evernote はペーパーレス・オフィスの3種の神器といってもいいかもしれませんね。

でも「mehori さんの本棚ってすっきりしていますね」といわれるのは快感ですが、「mehori さんの本棚って何もありませんね」といわれるのは学者としてどうかと思いますので、「スキャンしてもいいのだけれど、手でめくるというアクセスの速さを大事にしたい」という本やマニュアルまではあえてスキャンしないようにしています。

私にとっての「paperless」は、「ペーパーがない」ではなく、あくまで「less paper」なのです。

追記:

ScanSnap について書いた以下の過去記事もよければどうぞ。

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳