人生を変える小さな習慣
ウェブページ閲覧を一定時間禁止する SelfControl

ウェブページ閲覧を一定時間禁止する SelfControl

selfcontrol

どうしても仕事中に Twitter が気になってしまいますか?

Firefox のアドオン LeechBlock を使えば特定のサイトを特定の時間にアクセス禁止にすることができますが、Mac OS X を使っていると Safari という素晴らしいブラウザがあるので、禁止しているサイトをついついそっちで見てしまうという抜け穴を作ってしまったという人もいるかもしれません。

Lifehacker で紹介されていた Mac OS X 用の簡単なアプリ、SelfControl はこの回避方法も封じてしまいます。SelfControl を起動して時間を指定すると、他のブラウザを使っても指定したサイトは閲覧できなくなりますし、Mac を再起動してもタイマーが尽きるまではブロックされ続けるという、ちょっとやり過ぎ感さえある機能となっています。

そもそもネットのアクセスを一定時間封じるのなら、Freedom というツールもあります。

「そこまでしないと気が散ってしまうのか?」と思われるかもしれませんが、調子のいいときにはどんなことだってできる気がする反面、仕事を先送りしがちなときはどんな小さなことでもつまづきの石になってしまいます。一見くだらなく見えますが、こうした「小さな摩擦」を排除することも、ペースを生み出すために重要な点です。

とはいえうっかりと閲覧を必要以上に禁止してしまったら、たいへんなことになりそうなツールです。用法、用量にはくれぐれもお気をつけください。

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳